☆湘南通い☆

一陽来復と申します。老後は湘南の海辺に住むつもり。
宝塚が大好きです!二匹の飼い猫と戯れるのが幸せ。
最近は日本とベトナムを行ったり来たりしています。
たわいのない毎日をつぶやいています。よろしくです!

 

カレンダー

2020年
← June →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

Twitter

アクセス

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:☆一陽からのお返事です☆
アガタさん>
コメントありがとう。

>無理ができちゃう時は無理しても仕方がない。
>ちゃんと休めという時がきます。
>その時はしっかり休みましょうね。

はい、仰るとおりにいたします。
将来がどうのこうの…じゃなくて今日やるべきことをやるのが大切。
とTVをぼんやり観ていたらスペイン人の初老の男性が呟いていました。
アガタさんも元気でね。

投稿者:アガタ
私の場合、学校歴にこだわる母に逆らって、
学校歴どころか学歴もなく今に至ってしまいました。
そのコンプレックスをいまだに引きずっています。
で、反面教師にすれば良かったのだけれど、
母の価値観がそのまま私の価値観になってしまっています。
だから神様は、
“価値観は多様だよ”
って強制的にわからせるために、
障害のある子と不登校の子を遣わせたのでしょうね。
奥が深すぎて、私には荷が重すぎます。

お久しぶりです。
なんだか大変そうですね。
過渡期は大丈夫なんですよ、過渡期はね。
後でつけが来ます。
無理ができちゃう時は無理しても仕方がない。
ちゃんと休めという時がきます。
その時はしっかり休みましょうね。
それにしても、どんどん世界が広がっていますね。
そのバイタリティに驚嘆しております。

では、お元気で。

投稿者:☆一陽からのお返事です☆
BJちゃん>
ありがとう。なんだか予想通りこれから暫くはすごい生活になりそう。
とりあえず倒れるまで頑張るしかない状態になってきました(泣)
投稿者:Fake BJ
うーんなんか考えてしまう日記ですね。ポチ君は本当にのびのびした性格なのがブログでも伝わってきます。家族がぎくしゃくした時期があったとか・・・私の直面するのかもしれないですね。これからの人生いろいろあるんだろうな!私なんて何もアドバイスできないですけど、がんばってください!
投稿者:☆一陽@出勤中の電車の中からお返事です☆
夏椿さん〉
いちいちブログで書くなよってな内容ですみません。でも皆さんからのお返事を読むと皆さんにもそれぞれ抱えてきた人生があって(当たり前か…)私なんか甘いなと思います。私の母も夏椿さんのお母様に似ています。そして子供に対して母が私にしてきた事と正反対に接してきたら…ほれ、あの通りです(笑)今夜はサザンでさえちゃんにロマンチカで悠河ちゃんに会えるわ(嬉)それを楽しみにお仕事頑張ってきます。
投稿者:夏椿
一陽ちゃんはとっても気が回るし、とっても身体が動くし、
どうしてそんなにがんばれるのかなぁっていつも思っていました。
いろんな思いがあるのですね。

母親の呪縛ってありますね。
私の母は謙遜が美徳と思っている人で、
自慢する代わりに、人を批判することで自分を肯定する人でした。
私の中にはそんな母の影がいて、私をつねに批判します。そして私は動けなくなってしまうんです・・
娘たちには、人を批判する言葉をきかせないように、とか
「汚い」とか「うるさい」とかネガティブな言葉を使わないように、とか思って接していたら、
信じられないくらいポジティブ・シンキングをする子に育ってしまって困っています。
でも、困ったなぁ・・と思いつつも、どこかで頼もしく思ってしまうのは、
自分がそうできなかったエゴが表出しているのかなぁ。
人格を育てるって、むずかしいですねぇ(涙)。
投稿者:☆一陽からのお返事です☆
みかんちゃん>
その時々によってバランス加減も違ってくるのですが…笑

全く他人だった人間同士が家族として暮らすのだから上手くいかなくて
当然位に思っていたほうがいいような気がする。上手くいったら儲けもの
っていうか…お互い期待しすぎるとがっくりするしね。

ええ、今度また早朝映画&ランチしませんか?

yuさん>
こんな愚痴愚痴の呟きに反応してくれてありがとう。
色々な過程があって今のような距離で親と暮らしています。
とっても怖い存在で離れていても金縛りにあったように
支配されていたように感じていた母もすっかり年老いました。
色々あったけれど今は穏やかな関係になりつつあります。
遅すぎたとは思いたくないけれど…

私もなーんにも考えていなかったのですよ。
だから私もポティ(笑)が羨ましいです。
応援してくださってありがとうございます。
投稿者:yu
近くに、身内の方がいるのは、
心強いものですよね。
本当ならば、自分が近いといいのですが・・・。

御主人さまは、アイロンがけまで
できるようになったのですね(涙)
すばらしいです!
カレーもおいしそうでしたしね♪

ポティは・・・。
それくらいの年齢の時に、
すでに将来の目標があるというのは、
素敵な事ですよね。
(悠河さんも、そうですが)

自分は、その頃はただ能天気に
目先の事しか考えていなかったので、
そういうお子様を見ると、うらやましさを感じます。

それ故に「絶対がんばれ!」と
思ってしまいます。
それは、何も考えていなかった私の
ただのエゴなんですけどね(笑)
投稿者:みかん
バランスをとりながらの生活は大事だと思うよ。

うちの夫は大家族(4人兄弟の長男)だったから、結構寂しがり屋かな。私は一人だったので、逆に一人の時間がないとだめ。それに忙しい方がいい。仕事を辞めてウチにいたとき、ほんと何もしなかったもん(爆)仕事してた時は、学童の役員やって、ケーキならって、ガーデニングやって・・・とフルだったのに。私もやっと自分の性格を把握したかな。

また今度時間があるとき、お茶しましょうね♪
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ