☆湘南通い☆

一陽来復と申します。老後は湘南の海辺に住むつもり。
宝塚が大好きです!二匹の飼い猫と戯れるのが幸せ。
最近は日本とベトナムを行ったり来たりしています。
たわいのない毎日をつぶやいています。よろしくです!

 

カレンダー

2021年
← January →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Twitter

アクセス

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:☆一陽からの御返事です☆
あずちゃん>江国香織さんっていつかと思いつつまだ手にしていないんです。わんこが死んじゃう…私が結婚してから飼い犬が死んだのでその場面ってまだ未経験なんですよ。いつか私も猫たちと別れる日が来るんだろうな。考えられないけど。
投稿者:南 梓
コレットってまだ読んだことがない作家です。
今度探してみます。
江国香織さんの「デューク」知ってますか?
愛犬が亡くなった翌日に男の子と会う話なんですが
号泣しました。
わんこやにゃんこが人間だったらな
って考えることはよくありますねえ。


http://azubo.hp.infoseek.co.jp/
投稿者:☆一陽からの御返事です☆
KAZUさん>実は牧野先生の曾孫ちゃんがポチと保育園が一緒だったんです。その曾孫ちゃんがポチのことが好きで…可愛かったんですよぉ。それでお名前を存じ上げてこの本を古本屋で見かけた時購入したのだと思います。読み始めたらなかなか面白い。研究者としても世界的権威の先生ですが分筆家としても素晴しいです。フランス語に限らず確かに女性名詞男性名詞は面白いですよね。この猫みたいに牡猫だからLeで雌猫だからLaというのはわかりやすいですけど。机(事務机)は男性名詞では椅子は女性名詞って言われてもねーと最初は思いました。同じ机でもテーブルは女性名詞だし・・・(笑)
投稿者:KAZU
牧野富太郎の「植物知識」・・・一陽さんの興味の範囲も広いですね。

ヨーロッパ言語はオスとメスに対しての意識が高いですね。
そういう歴史があるからなのでしょうが。
英語は比較的雌雄同一視的ですがそれでも日本語に比べれば。
投稿者:☆一陽からのお返事です☆
がらさん>いや、二足歩行じゃなくて私がイメージしたのは我が家の猫のような普通のがでっかくなった姿です。思わず噴出しました。「僕の地球を守って」のキャーは知らないなぁ。今度読んでみようかな?

そら>That's マイケル!だっけ?思わずあのポーズが目に浮びました。

女将さん>本当日中は暑いくらいでした。8KGですか!それは大きい。愛を確かめ合うにも重かったのでは?
投稿者:☆一陽からお返事です☆
ぷらんさん>ヒデヨシ。。。あれは大きかったですよね。私のイメージは黒豹がうんと太っておなかがどっぷりした感じです。

青乃ちゃん>いやいやいやいや(タニチャンの口癖)何もしていないよぉ。あ、お土産は届けたっけ?「愛の妖精」はよかったね。また何かの折に読み返すと思います。

ぽこぽこちゃん>ありがとうございます。タカラヅカに関しては理解があるというよりは呆れているというのが当たっているかも?ええ、1列目はホントプレゼントだ!次もお願いします(←欲張り?)
投稿者:女将
一陽さん今晩は。
今日は快晴でしたね、洗濯布団干し、カラット乾きました(^ー^)v

大きな牡猫と結婚ですか?もう今は死んでしまった猫ですけど
私がメッチャ可愛がった金太郎は8キロ近く有りましたよ。
毎日抱っこして愛を確かめ合っていたっけ?

http://blog.goo.ne.jp/5-k-ayame8/
投稿者:そら
マイケルを思い浮かべた私は古い???o(^▽^)o
投稿者:がら
大きな牡猫。176cmくらい…と言われて想像した猫は2足歩行だったのですが、もしかして普通に猫歩き(?)するのかしら(笑)

ぷらんさんと同じくヒデヨシとか「ぼくの地球を守って」のキャー(確かそういう名前だった気がします)みたいな猫を想像してました。
投稿者:ぽこぽこ
遅ればせながら・・・お誕生日おめでとうございます♪ ポチ君♪
焼肉美味しそうですね→ 最近 こんなコメントばかりですみません。
ポチ君とハナゲン父の漫才のような台詞に大笑いしてしまいました。
タカラヅカに関しては、お二人ともよーぉく一陽さんを理解されているようで(笑)安心して同窓会に行けますね。はははっ。

そして一列目をゲトして。。。幸せなひと時だったのでしょう。よかったですね。やはり、1列目は激務をこなしている一陽さんへ神様からのプレゼントなんでしょうねぇ! ちなみに私もキラキラ好きです。(え?それは聞いてない?)

1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ