2010/4/25  19:13

桜の木の下で  同窓の夜  ゲスト



それは1月も前のランチタイムでした

一人のゲストがご来店され、お食事の途中に
ご予約を頂きました

「同窓会を開きたいんだ」

おお、それはそれは、ありがとうございます
いつでしょうか?
喜んでお受けいたします

「ここは(お隣)昔、中央だったんだよ
 だから、さっかく集まるなら
 学校の近くでと思ったからなんだけどね」

そんな会話をいただきながら
数回の打ち合わせをしていただき、そして
土曜の夕方、続々と懐かしいお顔が集まりました

クリックすると元のサイズで表示します

地方からも、おいでいただいております
するといきなり聞かれました

「実は同好のの集まりなんだよ、何のクラブだと思う?」

う〜、なんだろ?わかんねえなあ、陸上?
今夜は白ワインがポンポンと空いていきますね
なかなか良いピッチです
だんだんと、あの頃の紅顔の美少年へといざなう、葡萄酒

クリックすると元のサイズで表示します

真ん中の男子はなんと六日町から新幹線で到着
ピュアな魚沼弁でずっと語ります。愛されてますね

クリックすると元のサイズで表示します

およそ3時間も過ぎたころ、いくつかの島に分かれます
こちらはマドンナを囲む、男子。愛されてますね

クリックすると元のサイズで表示します

もっぱらお身体のことなどが話題
そして現状と今後のことなどざっくばらん

クリックすると元のサイズで表示します

今夜はゆっくりと楽しんでいただけましたでしょうか?
最後は桜の木の下でスナップ
こんな季節に嬉しいゲストさまでした
心から感謝いたします

クリックすると元のサイズで表示します

名残惜しく、女性をその瞬間を納め続けます

クリックすると元のサイズで表示します

いい週末の夜でした
和やかな余韻がいつまでも

3

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ