2015/8/16  20:22

盆野球  草野球


普通に「盆野球」といってます
発音的には「ぶおんやきゅぅ」に近いでしょうか
じつは正式にはですね

「小出地域町内対抗親善野球大会」と言いました
第67回を数えます

戦後70年ですから終戦直後からの由緒ある大会ですね

毎年14日に開催されます
が・・今年は雨に打たれ1日順延となりました
15日早朝清水監督のもとに集合
昨年のあの美酒を思い出し今年もぜひ!と
それぞれに意気込むベンチ前です
クリックすると元のサイズで表示します

1日の順延にて参加チームが減りましたため
再抽選の結果、千溝チームとの対戦
本来、千溝A、Bと2チームでの参戦でしたが
1チーム減り合同チームにて

クリックすると元のサイズで表示します

結果は11−10にて勝利
勝利投手はさとるさん

自分は打てず(三振二つ、凡打三つ)
失策目立ち(3エラ)
まったくいいとこなくて監督には慰労会来なくていい!
というまでのだめっぷりが見事でした

さとるさんピッチャには最後の最後
最終回までごめいわくばかりででした

それでも勝てたのは清水監督のオーダ
そして要所ごとに声がかかります
夏の日差しを浴びて体力も奪われながら
それでも盆野球の和やかなムードにままに

いきなり次は決勝戦です(チーム減ったために)

お相手は「青島」
盆野球というカテゴリにかかわらず
かなり走り打つチーム様です
クリックすると元のサイズで表示します

塁審にはゲームを終えたばかりの羽根川の皆様で
クリックすると元のサイズで表示します

椛沢さんが足をいためるアクシデントのため
自分がマウンドへ
三回まではなんとか抑えることができたのですが
四回からは制球も定まらず、ランナをだしては
打たれ、走られての展開
結果18−3にて敗戦
コテンパン過ぎて言葉も出ずに笑うのみ・・

アウト一つも取れずにずっと攻撃を受け続けるイニング
終わることのないエンドレスサマーを
照りつけるグラウンドの上でずっと・・・
ひたすらに耐える時間はこそ長くながく

結局、最後の2イニングは肩を壊したままの
さとるさんにゆだねて長い守備を終えました

8月の太陽が傾き始めたころにゲームセット
そのまま閉会式へと移りました


クリックすると元のサイズで表示します

優勝は「青島」チームさんです
クリックすると元のサイズで表示します

そして準優勝で
クリックすると元のサイズで表示します

ボロボロですが笑います
クリックすると元のサイズで表示します


炎天下のもと、高齢化を着々と進む各チームが
昔の感覚だけで体に鞭打ってボールを追いかけます

足はもつれ、肩はあがらず、フライも老眼で目測を誤り
それでも投げては、打っては、走っては歓声をあげ
汗にまみれながら、お互いを称えあうこの日を
とても愛しています


1
タグ: 足立区 草野球 梅田

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ