2022/4/18  15:51

Morey StDenis 2005 2日目です  

Bruno Clair

美味しいワインは時間を超越する。

ということをいつも感じていたので
あえての抜栓後24時間経過してのコメントを
お許しくださいませ。

モレサンの05でブリューノ。

抜宣直後は少し動物的なニュアンスもありつつも
時間と共に新たな枯れた表情を見せる歌姫のようでした

そして翌日

グラウに注ぎゆっくりと回しながら静かに眺めました
淵のカラーはバンホーデンとサイフォンコーヒーのエッヂ
ほのかなルビーを以前は纏っていたことを連想させては
中止に向かっては漆黒の闇への誘うような深い闇でした

嗚呼、このまま溺れていたい、その欲望に逆らえません

2日目なので華やかな果実系香りは遠のき
古新聞の束ねた香りとドライな葡萄由来の乾燥した香りが
グラスの中を漂い、ドライフラワも後から

傾けますと、タンニンが頬の内側に薄い膜を張り
ただ純粋で透明な液体だけが喉の奥へと伝い
まるで綺麗な石清水を味わう錯覚に溺れました。

2005年から休まずに砂時計の流るよな時間の重みに
濾過されたようなまるで「水」を味わい愉しみながら
昨日のワイン会の皆様の笑顔を反芻して、自分も笑うのでした。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2022/4/18  15:31

ワインの会  
先日の昆布泥棒の会のあとがきです

ブルゴーニュです・・・この会の合言葉は
ピノノアールとシャルドネです。
そしてシャンパーニュも大好きです
これだけで、いつまで時間を楽しみます

ボトルはそれぞれに生産者と畑、ヴィンテージが違い
「個体差」という
同じケースの中でも、それぞれに性質が変わるという
魔法のような物語を静かにしずかに、そっとグラウの淵から
鼻腔の奥、舌の先から全体に転がしながら、アフター余韻をも楽しみ
終わらない物語を語ります

そのつど、思わずでる笑顔の先には
、皆様が頬を紅潮させ瞳が輝き
賑やかな会話にその物語が次々に紐解かれる一夜

共有された時間がいつまでいつまでも

しあわせな時間こそワインの醍醐味
クリックすると元のサイズで表示します
0

2022/4/18  15:08

ICHIGOYA 谷中銀座 工事  


コロナが及ぼしたのは身体の病気以上に
自分の行動を制限させる気持ちのブレーキと
お互いに顔を伺いながら、歩調を合わせる病のように
やっぱり気を付けておりました。

昨日、東京女子医大にまたまたまたお世話になりながら
一泊させて頂き、なじみの先生、看護師様にも
お会いし、病院の大切さ、医療のありがたさ
人のぬくもりにも触れては河田町を後にしました。

そして・・・・
ICHIGOYA 谷中銀座の工事がスタート致しました。
コロナ禍においていったい何を考えているんだ?
と、避難されながら工事スタートしています。

深く反省しながら今月末のOPENに向けまして
粛々と準備を進める気持ちでございました。

敬具

クリックすると元のサイズで表示します
0

2022/4/4  13:35

(無題)  
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
0

2022/4/4  13:35

ご報告  ワイン


ご報告

台東区谷中銀座にて
ICHIGOYA 谷中銀座店
開店準備しております

#yanakaginza
#ichigoya
#立ち飲み
#緑川
#わいん


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2022/3/7  10:45

まん延防止を継続します  

小池ゆり子さまのご提案に基づきまして

3月7日より3月21日まで継続致します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2022/3/7  10:45

まん延防止を継続します  

小池ゆり子さまのご提案に基づきまして

3月7日より3月21日まで継続致します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2022/2/14  0:20

蔓延防止延長ですね  



お知らせ

東京都のマンボ延長決定に寄り添いまして
ICHIGOYAもまた。またまた、またまた

「アナログ喫茶」としまして営業を継続致します。

そもそも・・・

この3年にもなろうかと言うこの期間
飲食およびアルコールを目の敵に
毎日毎日陽性者の数字ばかりの連呼に時短、休業、時短と
なかなかにモチベーションの行き場にも困る有様でした。

それならばということも含めまして・・・

クリックすると元のサイズで表示します

またまた「お持ち帰り」の販売を準備中です。
今回は単品でのアイテムを増やしていきます予定で
そうなりますと容器の問題に直面していますこの頃・・・

河童橋「シモジマ」さんにお世話になるべくの河童橋通いが
しばらくの日課となりそうなこの頃でもあります。

ので、しばらくは回転休業が続くような予感も
ありますので、どうぞお電話にてごく任ん下さいませ。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2022/1/20  15:30

東京都感染拡大防止営業  


また再びのアナログ喫茶に戻ります
よろしくお願いいたします。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2022/1/12  13:50

新春に恒例の昆布ワイン会で新年会  ワイン

あけました・・・'22始まりました

コロナをいまだ引きずります世間様をしり目に
ことしも賑々しく定例会を開催の運びとあいなりました。

今年もどうぞよろしくお願いしますの言葉も
この泡の乾杯の声に消されながら
セルジュマチューの2012でした。

青リンゴの落ち着いた香りに包まれて、やわらかくふくよかな泡での乾杯
幸せな夜の予感しか感じない幕開けに胸が高鳴りました。

シャルドネだけというシンプルだけど心地よい厚みと
静かな余韻に満たされつつ・・ふううう

クリックすると元のサイズで表示します


そして早速の白からあけましょう

ピュリニのプルミエ

ミネラルの塊(かたまり)が口の中で弾けながら
でも、研ぎ澄まされた透明感が夢見心地へと誘い
おもいはすでに石灰の土壌の中へと夢想

余韻には不思議な静寂を感じています

クリックすると元のサイズで表示します


はあああ

デュジャックのモレサンの’14・・・・きました

ため息しか出ませんよ、ほんとに

クルミとナッツが柔らかく溶けていきます
控えめなあどけなを秘めたまま、隠し切れないエレガンスが
アフタには、そこはかとなく漂う愉悦

派手さではない、おそろしく研ぎ澄まされた水墨画のように

クリックすると元のサイズで表示します


そして赤は新春のブルゴーニュに与えられた贅沢

グランクリュ飲み比べ大会 シャンベルタンだよソレソレ飲めのめ!

と!思ったら・・・「中シャンいきましょ」とのお言葉
いつでもどこでも、「シャン」は大活躍。
みんな大好きな「シャン」は乾杯から閉めから「なか」までも。


かすかに桃やオレンジの香りを感じながらの一口目で、
いきなり「目が覚めました・・・・」まさにそれ(寝てました?)

細やかな泡に葡萄の旨味だけが溶け込み
佇まいもゆっくりとスケールの大きな
奥行と余韻だけ響き渡りました。
もう降参、完敗です。
ひれ伏すだけです。このままずっと飲ませてください・・・

恐ろしいまでの’09
クリックすると元のサイズで表示します

で、グランクリュいきますいっきに2本並べました


シャンベルタンの力強さとブルゴーニュの熟成のもたらす贅沢
そのままボトルに溜まっていますね。
まるで「大人のチェリーブランデーケーキ風味」
どこまでも香ります

クリックすると元のサイズで表示します

で・・・これは・・・
シャルムでマゾワイエールでデザインが・・・
ルーミエっぽいよなああ・・・

一言「クリーミー」「滑らかな」「磨かれた」
それは「チェリーの薔薇風味フィナンシェ」のように
こんなワインがちゃんとあるんだよね・・・

クリックすると元のサイズで表示します


で、ボルドが用意してあるから不思議ですね
10年経過の熟成を楽しみます。

まだまだ若い・・・(ひそかに思う)
でも開き始めると一面に花が散りばめられては
「ヨーグルト風味のブルーベリーを浮かべえた紅茶」のよう
クリックすると元のサイズで表示します


’85のポートもちゃんと鎮座してました
こちらも若い、まだまだいきそうで、皆様もあと10年
いや20年これからも熟成を楽しもうね。
と、いいながら今年もワインに溺れること予感しながらの閉会

のはずが・・・シャンパーニュもう1本飲んでましたよ。


クリックすると元のサイズで表示します
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ