追悼碑のある庭のお隣の家を「ほうせんかの家」と名づけ開放しています。  ● 毎週土曜日  13時から17時まで。  ● 順次、お料理を作ったり、映画をみたり、イベントを組みます。参加をお待ちしています。  訪問される方は、当ブログの予定をチェックして、来てください。 尚、日程が合わない方は、事前に申し込んでみて下さい。誰かが、あなたの都合に合わせれるかもしれません。  お待ちしています。   ===⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒   .   .   .   .   .   .   .   .   . 「関東大震災時に虐殺された朝鮮人の遺骨を発掘し追悼する会」のホームページも 参照下さい 「追悼する会の来歴など」や、「震災時の事件について」詳しく、わかり易く紹介させて頂いています。是非、立ち寄ってみてください https://housenka.jimdo.com

2020/8/16

体験記NO,4  朝鮮人の体験記

体験記NO,4  全 鍚弼      群馬県境町

 震災当時、私は東京の大井町でガス管施設工事場で働いていました。飯場には朝鮮人労働者が13名いました。
 9月1日は朝から雨だったので仕事に出られず、飯場にこもっていました。12時ちょっと前でした。昼飯を食べようとしているところへ、激震が襲ってきました。瓦がとび、家が倒れ歩くこともできません。私は外に飛び出し、電柱にしがみつきぶるぶるふるえていました。
 そうこうするうちに地震はいくらか弱まってきましたが、横浜方面から火の手が上がり、東京市内でもか火災がおこり、火勢はますます激しくなりました。
 夕方、6時ころだったと思います。あちこちから日本人が手に手に日本刀、鳶口、ノコギリなどを持って外に飛び出していました。しかし、私たちにはそれが何を意味しているのか少しもわかりませんでした。しばらくして、「朝鮮人を殺せ」という声が聞こえてきました。私には何の理由で殺されなければならないのか、さっぱり見当がつきません。はじめのうちは、そんな馬鹿なことが……と信用しませんでした。ところが、外をのぞいてみると、道の両側に武装した人が要所要所を固めるように立っていました。
 私たちの住んでいた周囲の日本人は、とても親切な人たちでした。その人たちが、とんできて大変なことになった、横浜で朝鮮人が井戸に毒薬を入れたりデパートに火をつけたりするから朝鮮人を片っ端から殺すことになった、一歩でも外に出ると殺されるから絶対に出てはいけない、じっとしていれば私たちがなんとかしてあげるから……といってくれました。しかし私たちはそのようなことが本気に信じられませんでした。
 夜も遅くなって受け持ちの巡査と兵隊二人と近所の日本人、15、6名が来て「警察に行こう。そうしなければお前たちは殺される」と云いました。私たちは家を釘づけにして品川警察署に向かいました。私たち13人のまわりは近所の人が取り囲み前後を兵隊が固めました。
 大通りに出ると待機していた自警団がワァッーとかん声をあげながら私たちに襲ってきました。近所の人たちは、大声で「この連中は悪いとこをしてはいない、善良な人たちだから手を出さないでくれ」と叫び続けました。
 しかし、彼らの努力も自警団の襲撃から私たちを完全に守ることは出来ませんでした。長い竹槍で頭を叩かれたり突き刺されたりしました。殺気だった自警団は野獣の群れのように随所で私たちを襲いました。 数時間もかかってやっと品川警察にたどり着きました。その間、自警団に襲われた回数は思い出せないほど多数にのぼりました。
 こうしてやっと私たちは、親切な近所に住む日本人のおかげで命が助かったのでした。私は40年たった今でもその人達を忘れることが出来ません。
 品川警察署は数千の群衆に囲まれていました。彼らは私たちを見つけるやオオカミのように襲ってきました。
 その時の恐怖は言葉や文章では表すことができません。そのうち巡査が大勢でてきて殺気立った群衆を払いのけ私たちを警察の中に連れ込みました。警察署は木の塀で囲んであったので夜になっても自警団の襲撃は絶えませんでした。
 一週間位は日に、にぎりめし一個ぐらいしか与えられませんでした。一週間ぐらいして、大阪方面から米が届き玄米のにぎりめしが、いくらか多く配られるようになりました。
 私たちは警察に二十日ほど収容されたのち青山の収容所に送られました。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ