2008/7/20

こういうことは今は当たり前のことかもしれませんが  しばいデイズ


そういえば、今日はTHE PLAN9 ウルグアイから来た男〜ネタツアー〜のチケット一般発売日だったのですね。

大阪は平日、東京はチケットぴあでの発売がないため、残念ながら今回は関係ない私はうっかり見過ごしていました。

とりあえず、チェックした時には大阪公演、福岡公演共にSOLD OUTだったので、良かったです。
前回の春公演の大阪千秋楽のときは、私の座席左隣が4席も並んで空席だったのでとりあえず、完売は嬉しいです。






ところで、その後、某ソーシャル・ネットワーキング・サービスを見ていたら早くも譲渡トピックが更新されており、てっきり「チケット、譲ってください。」という書き込みが…と、思ってみたら「(先行で取れた)チケット譲ります。」という書き込みでした。

…これって、なんとなく悲しくなります。


しばらくしてチケットぴあを見たら、10時30分には予定枚数終了表示されていたのに、その表示がなくなっていました。

完売したと思っても、いろいろな理由で相当ダブりが出ているのでしょう。

今はSNSなどの譲渡手段があり、ダブって購入しても転売することがさほど困難ではなくなっています。

取れるだけチケットを取って一番良い席を自分のものに、残りは良心的な価格で転売すれば、誰も不幸にはなりませんし、むしろその方が多くの人が幸せになるかもしれません。

ただ、一昨日の「THE PLAN9のお〜きなアナ」公開録音でもチケットは事前完売のはずが実際には空席がいくつもあったことからも、この状況はファンとして悲しいです。

でも、まあ、根本的な問題は、手数料なんたらでいまやYahooオークションより値段が高額になってしまう先行抽選で取ったチケットがなぜかザ・プラン9のNGK公演の場合2階席(または1階後部席)が回ってくることが多いためでもあるのですが…。(かくいう私もなんどEarthのチケット等で「足元見られてる…」と、泣かされたことか…。)

先行抽選がこれでは先行で保険かけて申し込んで当選した後、もう一度、一般でも取るという人が出てきても不思議じゃないです。

そう考えると、これって代理店にとっては美味しい話ですよね。



0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ