2008/6/10

ある程度食べられて、好きなことが出来ていたら良いのかなぁ 2  まんがデイズ


当たり前といえば当たり前ですが、好きなことをして食べていけるというのは、なかなかできることではありません。
それだけで食べていけたらこれ以上の幸せはないでしょう。



数日前、読売新聞朝刊社会面で「金色のガッシュ!」の作者、雷句誠さんが小学館を相手取り訴訟を起こしている小さな記事を読んだときには、「なんでそこまで?」と、軽く思っていましたが、そこから端を発し、雷句さんのブログ→新條まゆさんのブログを読むと、漫画家から見た意見とは云え、好きなことでご飯を食べていくことの難しさが想像以上であったことに驚かされました。

以前、NHK総合「プロフェッショナル 仕事の流儀」で取り上げられた漫画家・浦沢直樹さんと編集者・長崎尚志さの関係は流石に国営放送で放映されるだけあって正に理想的な関係だったのですが、やはり、そうとばかりとは限らないようです。

浦沢直樹さんと長崎尚志さんも以前は同じ小学館の漫画家と編集者でした。
同じ小学館といえども雑誌によって異なるのかもしれません。

また、企業も人間の集まりですから、編集部や編集者にも大きく当たりはずれがあるのでしょう。
途中から態度や接し方がいきなり変わったりする人だっています。
同じ人物でも気の合うこともあれば、全くそりの合わないこともあります。
雷句さんも新條さんも、ちゃんとそのことについてブログでふれていらっしゃいます。

編集の方々にもいい分はあるでしょうし、これが全てではないのですが、つくづく、「ある程度食べられて、好きなことが出来ていたら良いのかなぁ(←これを云った方はそう云いながらある意味てっぺんにのぼり詰めていますけどね)」と思えることはかなり幸せなことなんですね。

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ