2008/2/23

来るべき時がきたようです  わらいデイズ


時というのは流れ続け、止まらないものだから
いつかはこんな日が来るとは思っていました。

これから先、5年も10年も今のままでいるなんてことはなく
いつかは別々の道を歩いていくのだろうと。

今週のはじめ、R−1ぐらんぷり決勝戦で
まず1人が一歩前に歩を進めました。
このことは本当に嬉しかったです。
この優勝はコメディアンとして
これからの彼の将来を固めてくれるものになる
と思ったからです。

と、同時に残りの4人がどうなるのか、少し不安でした。

でも、そのうちの1人が
まさかこんなにも早く別の道を歩くことになるとは
思ってもいませんでした。

この5人をはじめて知った時から
このまま彼らが5人であり続けることを
心のどこかでずっと危惧していました。
いつかは、それぞれの道を歩んでいくのではないかと。

ただ、私は、もう少し後だと思っていました。
せめて、彼らが40になってからでも
と、思っていました。

「仇男」が5人揃っての最後の舞台になってしまいました。
たとえ、道は放れても、いつか5人が揃う日が来ることを
祈っております。









それにしても
いずれは分かれるだろうと思っていたのに
なんでこれほどショックなのかなと
考えてみて

鈴木さんがTHE PLAN9を離れたためではなく
鈴木さんが久馬さんから離れたからだと
気づいてそのことにもちょっとショックです。


0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ