2007/5/18

「THE PLAN9のお〜きなアナ」 第7回  らじおデイズ


この記事は、大阪の人気AM局、ABCラジオで
毎週金曜日深夜1時から1時30分に放送中の
「ザ・プラン9のお〜きなアナ」を再編集した
「お〜きなアナアーカイブ」を文章にまとめたものです。

聞き取り間違い、単語の間違い、解釈の誤解なども
多数ございますのでご了承ください。




冒頭アナウンス
「ただいまより、THE PLAN9のお〜きなアナが始まります。うわあ、眠い。なんてまどろんでいらっしゃるあなた。気を確かに持ってラジオにご集中ください。」


オープニングコント「ボイス」
タイトルコール:お〜い!久馬さん
一向に声変わりしないことでいじめを受けている学君(ギブソンさん)。父親(浅越さん)の励ましもあって、落ち込んでいた学君も次第に元気になり、夕食を食べ始める。と、突然、声変わりが始まって、南光師匠(鈴木さん)の声になったり、藤岡弘、(なだぎさん)の声になったり。その異常事態に混乱した父親も何故か声変わり(久馬さん)になってしまう。


「今週のTHE PLAN9」
メンバー:浅越ゴエさん、お〜!久馬さん、ヤナギブソンさん。
自己紹介では、浅越さん「え〜今日の3人はわたくし、浅越ゴエと。」ギブソンさん「ヤナギブソンと。」久馬さん「同じくお〜い!久馬です。」ギブソンさん「と、ヤナギブソンでお送りします。」
番組のチケットプレゼントに当選した方からお礼のメッセージ。そこから、ギブソンさんがはじめて脚本を担当したザ・プラン9の劇「フォーチュンと僕たち」の話題に。ギブソンさん曰く、「ルーマニアのね、小説をまるごとパクったんですよ。」。アナログ男のギブソンさんは、原稿も手書きだったため、執筆が大変だったそうです。
その話が一旦落ち着くと、喋りが途切れてしまう3人。ギブソンさんが云うには、「まあ。この3人で喋ることないですよ。だから、あんま会話廻らんでしょ、なんか。」その原因は、浅越さんが久馬さんを大嫌いだからだそう。「久馬さんのその笑い方とか、好きですよ。」と、否定する浅越さんに「嘘や。」と、すげない久馬さん。
話題はbaseよしもとであった「久馬歩 プレゼンツ ガンジーの右ストレート」について。ダイアン、ジャルジャル、鎌鼬といった若手の芸人さんとイベントを開いた久馬さん。鎌鼬の山内さんは、部屋に他人を入れない主義の持ち主なんだそう。久馬さんもそのタイプで、メンバーでも久馬さんの部屋に入ったことがあるのは浅越さんだけと判明。久馬さんはエントランスにソファーがある高級マンションに住んでいるが、何故か風呂だけは汚いらしい。


「鈴木つかさのちぃ〜さなアナ」
「ナニワトモアレ」の作者南(勝久)先生から電話があったものの話の内容の80%が「ロッキー・ザ・ファイナルおもろい」。


「マイティア THE PLAN9劇場」
タイトルコール:なだぎ武さん
出演:浅越ゴエさん、ヤナギブソンさん
「浅越さんが怖いぃ。メガネの奥の目が怖いぃ。」と、震えが止まらないギブソンさん。おもしろ一発ギャグで、落ち着かせようとするが、ますます怖がられてどんどん不機嫌になっていく浅越さん。

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ