2007/1/15

とりあえず元気でいこう  えいがデイズ


日本人なのでつい見てしまう「釣りバカ日誌16 浜崎は今日もダメだった」。

社長さえこっちのものにしておけば
大概のことは許されるという
いかにも情を大事にする日本らしい日本映画。

つくづく、鈴木建設という夢のような企業が現実にあればと夢想してしまいます。

それにしても寅さんにしろ、浜ちゃんにしろ
松竹映画の主人公は、あれだけ回りに迷惑をかけても
観客も含め全ての人から簡単に許されてしまうのが不思議です。

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ