2006/11/15

雨の町  えいがデイズ


8月にひっそりとDVDリリースされ、
そして、ひっそりと旧作に落ちていた「雨の町」を借りてきました。

この映画、公開時もひっそりと上映されているものだから
東京で見ようと思ったら、いつの間にか大阪に移っていて
さあ、大阪で見るか、と思ったらいつの間にか名古屋に移っていたりと
なかなか見ることができなかった映画です。

見たかった理由は、出演者のなかに安田顕さんがいたからですが、
他の出演者も地味ながら心惹かれるキャスティングです。

主演は、浅野忠信さんのばったもんみたいな和田聰宏さん。
「どうする?アイフル」の人ですね。

原作は30代後半の読書好きな方なら名前は知っているのではないでしょうか。
「吸血鬼ハンター“D”」などの原作者菊池秀行さん。

ジャンルとしては「ホラー」なんでしょうが、
土着性の深い伝奇ものといった感じで怖いというより悲しい映画です。
映像がとてもキレイで、内容も物悲しいのでこれはなかなかいい映画です。
タイトルのシンプルで好きです。

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ