2005/12/29

「編集者 竹一平の苦悩」について補足  しばいデイズ


東京公演についても書かなくっちゃね
と、思いつつダラダラ時間を食いつぶしております。

東京公演については、もうすでにネタバレ詳細レポなどが
あまたある他の方々のブログで公開されていますし、
なにも別に書かなくてもいっか、という心境でございます。
東京公演についてはすっかり他力本願です。

というか、すでに大半が忘却の彼方にあって
かけないというのが本音です。

覚えているところからあげていきますと、
12月27日昼の部のゲストは渡辺あつむさん(眼帯つき)
12月27日夜の部のゲストはバナナマン
でした。


…それだけかよ!

まあ、それだけではなんですから
東京公演とは関係ありませんが、台本が手に入ったので



それぞれの名前について一考察

平凡直人の書いた恋愛小説の登場人物の名前
子安→子安 宣邦
諸富→諸富 祥彦
澤井→澤井 繁男
愛→前田 愛
すべて平凡社新書(か平凡社ライブラリー)から本を出している作家。

浅井ミラが書いた戦争小説の登場人物の名前
久坂→久坂 翠(翻訳家)
井野上→井野上 悦子(翻訳家)
霜月→霜月 桂(翻訳家)
MIRA文庫(かハーレクイン文庫)で翻訳をやっている翻訳家。

角川惠司が書いたミステリー小説の登場人物の名前
越前→越前 敏弥(ダビンチ・コードの翻訳家)
赤川→赤川 次郎(ミステリー作家)
圭吾→東野 圭吾(ミステリー作家)
操→桐生 操(ミステリー作家)
矢作→矢作 俊彦(ミステリー作家)
すべて角川文庫(か角川書店)から本を出している作家(翻訳家)。
惠司は株式会社角川学芸出版取締役、田口惠司から。

庄野文春が書いたSF小説の登場人物の名前
双葉博士→双葉 十三郎
洋二→渡辺 洋二
うさぎ→中村 うさぎ
東海林→東海林 さだお
テル→宮本 輝
すべて文春文庫から本を出している作家。

筑摩明郎の書いたハートフル絵本の登場人物は
爺と婆なので判りません。
明郎は筑摩書房社長の菊池明郎から。

「直人」、「浅井」、「庄野」の出所は判りませんが、
「惠司」、「明郎」から推察すると、それぞれ出版社の方の名前から
取っていると思われます。

…これで合っているのか、判りません。
結構いい加減なのであまり真に受けないで下され。

0



2006/1/3  10:17

投稿者:ひつじ

東京公演といえば、千秋楽ゲストのバナナマンがカーテンコールでステージ中央に立ったとき、
左からなだぎさん、浅越さん、久馬さん、設楽さん、日村さん、鈴木さん、ギブソンさん、竹中さんの順に並ぶことになって、凄く遠近感が狂ってしまって可笑しかったです。
特に久馬さん、設楽さんの並びが。
やたらバナナマンの二人だけが他の人たちより一回りほど大きく見えるんです。
同じ線上に並んでいるのに二人だけが一歩前に出ているみたいでした。
劇中はそれほど思わなかったのですが、久馬さんが華奢すぎるからでしょうか?
さいごのさいごで眼が壊れたのかと思いました。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ