2011/3/8

将来設計的に堅実だと思います  しばいデイズ

お笑いナタリーより
http://natalie.mu/owarai/news/46104

こういう記事から思うのは
結局のところ、将来的には久馬さんは
当たり障りのない感じで
新喜劇作家の座に収まってしまうのかもしれませんね。






一方神保町花月の「POLI袋」もTwitter上で見る限り
相変わらず「凄く面白い」ようですが



ザ・プラン9のための作品が年々減っていくにつれ
他への仕事がいくら「凄く面白」かろうが
こういう久馬さん(とプラン9)を見たかったのかと問われれば
「いや、違います。」と弱弱しく答えるしかありません。


ブログのコメントやつぶやきで
ちょいちょい「久馬さん天才!」というファンのコメントを拝見します。
しかし、「鬼才」と呼ばれることはありません。

私が久馬さんやザ・プラン9に求めていたのは
「天才」ではなく「鬼才」だったのかもしれません。




脳内BGM:桑田佳祐「すべての歌に懺悔しな!! 」

0



2011/3/23  13:20

投稿者:ひつじ

紫音様
櫂様

今朝も福島茨城方面で震度5の地震があり
被災地から離れているとは云えまだまだ安心することができません。
都内にお住まいの櫂さんはなおさら不安なことと思います。
一日も早く皆さんが安心した生活ができますよう祈っております。

ところで、
久馬さんの素敵な言葉で綴られているブログ記事を読みながら
とある芸人さんのことを考えていました。
多くの人が言葉を駆使しどうこの震災を受け入れ
被災者(や日本中の人)を励まそうかと悩んでいるなか
その芸人さんなら言葉で励ます前に
まずは行動に出るのではないかと…。

案の定

http://news.livedoor.com/article/detail/5432819/

慰めや励ましのためのちょっと気の利いた言葉を
つむぎだすことほどには難しいことではありませんが
なかなか実行できないことだと思います。

私自身、即座に行動に移せるようになりたいのですが
頭で考えるほど体が動かないのが事実です。

自分を捨てればできることはもっともっとあるのに
なんやかんや言い訳しながら
この惨事に向き合っているような後ろめたさが付きまとっています。


2011/3/19  8:19

投稿者:櫂

ひつじ様
コメントレスありがとうございます。
紫音様
はじめまして。

お二人とも御無事で本当に良かったです。
私は都内在住なので余震はまだ続いていますが、とりあえずはいつも通り過ごしています。
芸人さんは今は発言や行動を慎重にしないとバッシングされる時期なのかな、と思います。
でも少しずつバラエティ番組も放送されているので、お笑いが当たり前に日常にあったときに早く戻ってほしいですね。




2011/3/18  22:57

投稿者:紫音

ひつじ様

お気づかいありがとうございます。
私が住んでる岡山は全く地震の影響を受けずいつも通りの日常を送っています。テレビに映し出される東北の惨状を見て「これが自分が住んでいる所と同じ日本なのか…」と愕然としてます。一日も早い復興を願うばかりです。

連日の震災や原発のニュースで気が滅入りそうだったので、先日近所のTSUTAYAでサンドウィッチマンの新しいライブDVDを借りて観ました。ネタに定評のある彼らだけあってとても面白かったです。今はまだ地震のショックでお笑いをやることは難しいでしょうが、彼らには再び漫才やコントで皆を笑わせてほしいと思います。プランに関係ない話ですみません。

ちなみに一緒に「あらびき団」のDVDも借りましたが、良い意味で邪悪で面白かったです(苦笑)。

2011/3/17  16:06

投稿者:ひつじ

紫音様

お久しぶりです。
地震、大丈夫でしたか?
まだ余震が続いている状態なのでなかなか気持ちが落ち着かないと思います。
体調にはくれぐれもお気をつけてください。

地震以後のネットを見ていますと
「笑い」を巡って(大雑把な分け方ですが)
「今こそ『お笑い』が必要」という意見と
「今はまだ『お笑い』は不謹慎」という意見が拮抗しているようです。

これまである程度
生活が安定していて笑いを受け入れる状況にある客を
相手にしていた芸人さんにとって
被災者とそうでない人
大切な人やモノを永遠に失った人とそうでない人と
受け手であるお客さんの立場が多種多様化してしまった以上
紫音さんのおっしゃるように
今後の展開は相当難しくなっていると思います。

ところで、芸人としてザ・プラン9メンバーも
それぞれのブログで被災地やファンに向けての
応援メッセージを書いておられますね。
良くも悪くもこれまで以上に(というか集大成的に)
各メンバーの個性が文章に凝縮されているように思われました。
それと同時に
お互い他のメンバーについては殆ど触れていないことに
潔さと淋しさを感じます。

月刊コントのように
各々違う視点で震災と向き合っているメンバー4人を
リーダーが最後に上手く繋げて
笑いにまとめてくれる日が来ることを願います。



2011/3/16  12:43

投稿者:紫音

お久しぶりです。

地震の影響で神保町の芝居が上演中止になり、東京の他の劇場でも2,3日ほど休演になりました。大阪では営業していたみたいですが、この状況でお笑いを見る人はいるのかな?と疑問に思いました。

「吉本は劇場があるからテレビに出れなくても大丈夫」という言葉が今回の地震で通用しないことがわかりました。たとえ舞台に上がれたとしても披露するネタは限定されるでしょうし、プランお得意のブラックネタはしばらく使えないでしょう。単純に笑わせるネタでも同様に気を使わなければいけないですし、今回の件でお笑い芸人は今難しい立場にあることを痛感しました。

実際に被災したサンドウィッチマンの2人も「今はお笑いのことは考えられない」と言っていましたが、それでも彼らは被災地の復興のために動き出そうとしています。私達はほんの少しばかりの義援金と復興を見守ることしかできませんが、一日も早く心からお笑いで笑える日が来ることを願うばかりです。

2011/3/13  10:12

投稿者:ひつじ

櫂様

コメントありがとうございます。
レス遅くなってごめんなさい。

そうそう、久馬さんのみならずザ・プラン9自体も
吉本興業所属というだけで非常に恵まれていますし
そう簡単に仕事がなくなることも
上演する劇場に困ることもないんですよね。

ファンはザ・プラン9(久馬コント作品)は
群を抜いて面白いと信じていて
それはとても素敵なことですが、
その信念が(ファン以)外にまで広がることは殆どなく
昨今ではチケットの売り上げも落ち
上演劇場のキャパを下がり
舞台のDVDリリースも沈静化しているのに
どこか危機感がないんですよね。


月刊コントで他の芸人さんの作品を
要領よくまとめて1本二次創作作品を書けば
周りから「天才」と絶賛されるのですから
もはや頭を捻って見た人をあっと云わせるような
新作をわざわざ書かなくても
良くなっているのかもしれません。

それにもう観客の方も
久馬作品にダークさやブラックさを
求めていた時代は終わり
とにかく演者の良さを生かした笑いを
望んでいるのではないでしょうか?

2011/3/11  12:57

投稿者:櫂

またまた余談です。 先日今更ながらキングオブコント2010のDVDを購入したのですが、特典映像の準決勝を見ましたら今まで全く知らなかっ芸人さんで面白いコントをする人達がこんなにいるのか、と驚きました。
THE PLAN9の前に決勝に進むべき芸人さんがたくさんいる気がします。

2011/3/11  12:51

投稿者:櫂

ひつじ様
お久しぶりです。櫂です。吉本興行に所属している限り、久馬さんには作家の仕事が途切れないで済むんだろうな、と思います。
一時期幾つかの小劇団に続けて客演していたときは、知り合いの劇団に出させてもらうより、外に出てワークショップを受講するなりオーディション受けるなりしてよ。と思っていました。
ですが神保町花月や新喜劇の仕事が定期的に来るのであれば、わざわざそんな苦労をする必要もないですよね。
月刊コントも普段なかなか見れない芸人さんのユニットコントが見れる、という点では貴重な興行だと思いますし実際お笑いファンの評判もいいようです。(事務所に関係なくオファーを出すところはバッファロー吾郎さんの意思を継いでいるのかな、と)唯、それがTHE PLAN9のコントに還元されてるのかと疑問に思います。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ