2011/2/25

鬼がヨードチンキを飲んだような顔って…  らじおデイズ

ザ・プラン9から心離れてからしばらくの間
ワクワクするものが全くできず
もうあんなふうに何かに夢中になることはないと思っていたのですが


まさか

1冊1冊が辞書とか聖書並みの分厚さのため
とても自室の書棚に収めたくない本の著者と
1冊1冊が人道的に問題がありすぎて
とても自室の書棚に収めたくない本の著者に
いまさら嵌るとは…。


小説家が
どんなお笑いコンビより笑えるなんて
想像もしませんでした。


京極先生のツッコミはどんなお笑い芸人さんのツッコミより
ゾクゾクします。




ザ・プラン9のラジオもこのぐらい会話が弾んでいれば
気持ちも離れなかったかもしれません。

ていうかあのラジオ番組がなければ…うにょうにょ。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ