2011/1/31

バッファロー吾郎とR−1  わらいデイズ

「R−1ぐらんぷり2011」決勝進出者8名が決定
「過去最多のエントリー総数3572名の中から決勝に勝ち上がったのは、
AMEMIYA、佐久間一行、スリムクラブ真栄田、バッファロー吾郎・木村、COWCOW山田與志、キャプテン渡辺、ナオユキ、ヒューマン中村。」


第1回のKOCで優勝したバッファロー吾郎・木村さんも決勝進出だそうです。

昨日前記事のコメントレスとして
「これから1つ賞でも獲って名をあげよう
と云う若手芸人ならともかく
テレビでのネタ番組がほぼ皆無となり
人数的にバラエティ番組のひな壇芸人にも司会にもなれない現在
自分たちより何期も下の後輩に混ざってレースを競うことに
どれだけのメリットがあるのでしょうか?」
と書いたのですが、


…何か大きなメリットがあるようですね。

R−1ぐらんぷりの司会は雨上がり決死隊。
片や一出場者、片やそのイベントを仕切る司会者ですが
どちらもかつては吉本印天然素材として
世の女の子達をキャーキャー云わせていた者同士です。
(いや、昔ライブに行きましたが本当にアイドルのノリでした)

ナインティナインは別格としてその天素でも
ひときわ目を引いたのが
(他のメンバーを引っ張っていく兄貴的な存在として)
雨上がり決死隊とバッファロー吾郎でしたので
今度のR−1は少し感慨深いものがあります。

ともあれKOCで優勝したものの
まだそれほど露出度が多くないバッファロー吾郎さんが
このR−1きっかけで全国的に高い評価を得られれば
ザ・プラン9にとっても良い前例となるかもしれません。








ふと気がついたのですが
昨年のR−1ぐらんぷりからこっち
あべこうじさんを見たことがありません。

劇場にライブを見に行けたり
ネットでライブを見ているのならともかく
普通に地方で生活していたせいか
中山功太さんに到っては一昨年のR−1から見ていません。

KOCの優勝者は
それなりに単独ライブや
過去の出演番組(特にオンエアバトル)が
がDVD化されているようですが
R−1優勝の旨味っていまひとつピンときません。


0



2011/2/2  16:08

投稿者:ひつじ

TU−KA様

私は
観客が観劇中の笑いや拍手、嬌声
またはアンケート、ファンレター、レビューという形で
何らかのレスポンスをし
その反応を見てザ・プラン9が笑いを作っているのであれば
このザ・プラン9の現状は
彼らの責任ばかりではなく
客にもその責任の一端を
握っているのではないかと考えています。
(あくまで一端です)

テレビ出演(アウェー)が少なく劇場(ホーム)が活動の中心、
その劇場の客も固定化され
メンバーもその「目の前の客」を笑わせることに
笑いの重点を置いている今のザ・プラン9の笑いが
「メンバーとファン(観客)が10年かけて作りあげたもの」
に見えてしまうからです。
(もちろんこれはザ・プラン9に限ったことではありませんが…)

>ファンの我が儘なんですかね。
我侭も何も
ファンが応援している芸人さんに対して
そう願うのは自然なことではないでしょうか?

今、公に(つまりはネット上で)
ザ・プラン9について何らかの見解を述べているのは
「ザ・プラン9ファンだけ」
と云っても過言ではなくなってきています。
メンバーが自分たちの笑いがどう見られているか知ろうとすれば
世間一般の見解を探すのは非常に難しく
ファンの見解オンリーに頼らざるを得なくなっています。

だからこそ絶賛しているだけでは
「それってヤバくない?」と思うわけです。

応援しているからこそ出てくる我侭なら
もっと我侭云ってもいいんじゃないですか?

ザ・プラン9ファンは端から見ると
とても素直で聞き分けが良く
そして彼らのことをなんでも受け入れすぎている気がします。
そういうファンも必要不可欠ですが、
自分達ファンの反応が
これからのザ・プラン9の笑いを作っていく
自覚を持つ必要もあるのでは……




というのは私の我侭でしょうか?

いや、良いんです、応援の仕方なんて人それぞれで。

それにザ・プラン9が
「自分達は褒めれば伸びるタイプだから!!」と
賛否両論の賛だけを拾っているようであれば
また話は別です。

ファンの賛だけに耳を貸すことで
芸人が行き着く先を見てみたい気もします。


それでは勉強頑張ってください。

2011/2/1  22:39

投稿者:TU-KA


賞レース=「新ネタで勝負して欲しい」「決勝(テレビ放送)で全国の方々にプラン9のネタを見てもらいたい」

その結果プラン単独のキャパや客数が上がれば嬉しい…
というのはファンの我が儘なんですかね。

今回決勝に進出した「ヒューマン中村」さんの大爆笑を巻き起こした準決ネタ。
友達に聞くと このネタは彼が近年勝負ネタとして使っているようでした。
勿論ファンであるギブソンさんのネタは8割は知っているはずなので すぐに分かります。

知名度が低い為に「芸人の勝負ネタ」が「客席には新ネタ」に見える。
これだけの話なのかも。

東京勢やbaseの若手に面白い人材が増えてきている昨今 4人全員に勝負する強い気持ちが無ければ やっぱり決勝進出は厳しいです。

バッファロー吾郎がオール新作で第1回KOCを制した時に受けた感銘が今でも忘れられず プラン9にもそれを期待しているのかもしれません。

木村さんには何とか優勝していただきたいです。
芸歴を積み、レギュラー番組を持ち、そこそこの居場所を確保しているバッファローファミリーの面々に、何か1つ刺激を与えてほしいです。

賞レースの度に色々思う事がありますが、
鈴木さんは「来年も頑張る」とおっしゃられているので
変わらず応援していこうと思います。
1年って長いけれど 年齢的にも精神的にもまた辛い1年になるのはご本人ですしね。

また熱くなり長文になってしまいました。
「腐りきった結果」のこのblogも、ひつじさんの視点は素晴らしいので是非続けてください。
では2月に入ったので学生に戻ります。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ