2011/1/26

またチケット獲得に頭が…  しばいデイズ

LIVEPOTSUNEN 2011 『THE SPOT』、決まりましたね。




…ふう。


0



2011/1/30  19:29

投稿者:ひつじ

でも、
何かがきっかけとなって
本公演や単独イベントの
観客動員数や劇場のキャパが上がれば
嬉しいです。


2011/1/30  19:28

投稿者:ひつじ

TU−KA様

>決勝へ上がる事が最重要のプラン9
そうなんでしょうか?
ファンにとってはそうかもしれませんが
当のザ・プラン9メンバーは「最重要」と考えているのでしょうか?

KOCにしろM−1にしろ
決勝への思いを強く語っているのは久馬さんぐらいです。
その久馬さんからも他の出場者に見られる
「この1年M−1(またはKOC)優勝を目指して頑張ってきました!」
という意気込みが見えてきません。

それはともかく
>正直その理由を教えてほしかったです。
という今、TU−KAさんが
ザ・プラン9に抱いている忸怩した思いは
2006年M−1決勝以降
何度となく訪れたチャンスを
殆ど生かしきれずにふいにしているザ・プラン9を
見てきた身としてはもう腐るくらいしてきました。
(腐りきって結果がこのブログです)

彼らの才能を高く評価しながらも
「きっといつかは!」という期待を何度も裏切られ
ザ・プラン9から離れていったファンの方々を
これまでどれだけ見て来たか判りません。

私も4年前だったら私も
TU−KAさんの提案に賛同したと思います。

気がつけば
彼らは賞レースに出場しなくても
充分(ピンで)食べていけるようになり
なだぎさんに到っては
同世代が賞レースの出場者ではなく
司会や審査員になっている年齢です。

これから1つ賞でも獲って名をあげよう
と云う若手芸人ならともかく
テレビでのネタ番組がほぼ皆無となり
人数的にバラエティ番組のひな壇芸人にも司会にもなれない現在
自分たちより何期も下の後輩に混ざってレースを競うことに
どれだけのメリットがあるのでしょうか?

たぶん今後、
R−1でギブソンさんがある程度の結果を出しても
KOC決勝に残ろうとも
(ギブソンさんは単独で上手くいくかもしれませんが)
ザ・プラン9は
なだぎさん浅越さんのR−1優勝や
2006年のM−1決勝進出の時と
同じ経路を辿っていくように思えてなりませんし
また期待はずれになるのはこりごりです。

2011/1/30  14:18

投稿者:TU-KA

そして言うまでもなく1番応援していた"ヤナギブソン"
昨年の準決勝で落ちたネタを
今年の準決勝で披露する……
正直その理由を教えてほしかったです。

この1年間、ネタギブソンで新ネタ10本ほど作ってはいましたが、「4分で使えるネタが無い」事に試行錯誤していたとは思います。

でも説明を要するギブソンさんのフリップ芸では4分で組み込ませるボケの数に限界があると感じていたので、
他のジャンルにチャレンジしてほしかったです……

まぁこの1年間努力してきて 1番悩んだのは本人なのでファンがあれこれ言うのは筋違いですが。


4分で笑いを取る難しさ。
知名度は低くても笑い取れるキャラや、発想力。
芸人って本当に凄いなと思いました。


だから なだぎ武は本当に凄い芸人だと思うし、
ザ・プラン9の宝だと思うのです。


2011/1/30  14:16

投稿者:TU-KA


「なだぎ武 feat ザ・プラン9」

僕は決勝の舞台で、視聴者の前で"なだぎ武"の存在をアピールしてほしい訳ではありません。
でも まず決勝へ上がる事が最重要のプラン9や他の中堅に差し掛かっている芸人にとって、
自己のスタイルやリスクを気にしている余裕などあるのでしょうか?


僕が願うのは準決勝で他の芸人よりも笑いを取る事です。
客を引き付ける事です。
決勝で上位入賞、優勝なんて我が儘は言いません。

KOC準決勝を見に来るお客さんは「ザ・プラン9」という存在も、どんなコントをするグループなのかも、それなりにご存知の方が多いかと思います。

ただ、「久馬ボケ&ギブソンツッコミ」をメインで進行させるコントが「あんまり知らん方の2人……」で

「浅越ボケ&なだぎツッコミ」の場合なら「R−1王者になるだけの事はあるな」
となるのであれば 絶対に後者を選ぶべきだと思うのです。

その芸人を「あまり知らない」と「知っている」の感情だけで、お客さんが笑う回数や会場全体の空気に大きな差が生まれる…それがライブの醍醐味では無いでしょうか?

昨日の「R−1ぐらんぷり準決勝」見に行きましたが、
土肥ポン太さんや我人しょうたさんなど決勝経験者は相変わらず面白かったです。

ただダークホースの雰囲気が漂う面々……
「ヒューマン中村」「おいでやす小田」

2人ともよしもと所属ですがひつじさんはご存知ですか?
凄まじい数と大きさの笑い声がNGKに響いてました。
僕は2010年の準決勝も見ていましたが、この2人の成長ぶりには驚きました。
稲垣早希ちゃんも 1周りも2周りもネタの完成度を上げていました。



続きます

2011/1/30  0:03

投稿者:ひつじ

TU−KA様

たしかにTU−KAさんの仰るように
なだぎさんがコントを作って
なだぎさんメインでKOCに挑めば
これまでと違う結果になるかもしれません。

ただし、それでは
「なだぎ武 feat ザ・プラン9」
の印象が強く出てしまい
下手すると世間の目は
なだぎさんにしか行かないのではないでしょうか?

特になだぎさんがお作りになるコントは
「映画館」をはじめ
観客や視聴者であるなだぎさんが
他のメンバーの演技を見て
おもしろおかしくツッコむというスタイルが多く
これはいわば
陣内智則さんのピンネタにおける
映像に対するツッコミに相当するため
結果的に視聴者が
「これだったらなだぎ一人で良くねぇwwww」
となってしまうリスクがあります。

「4人じゃなくても俺1人で充分笑いは取れる!」
という気持ちをなだぎさんがお持ちであれば
そのリスクはもっと高くなります。

確かにR−1優勝・連勝当時は
「これを機になだぎさんがザ・プラン9をブレイクまで
引っ張って云って欲しい」という声もありました。
(その期待は裏切られましたが)

とはいえ
なだぎさん自身の人気も今ひとつ振るわない現在となっては
なだぎ武の名前と実績をフルに使うとしても
今更感が否めませんし
ザ・プラン9として売るというよりは
会社側がなだぎ武再ブレイクを目論んでいるようにしか見えてしまいます。

そのやり方を有効的に使うには
R−1優勝直後…少なくとも
「友近の元カレ」が有効な去年のKOCまでに
やっておくべきだったのでは?

とはいえ、今年KOCを勝ち抜くには
今のままでは心もとありませんし
その方法を使うのであれば今がギリチャンスかもしれません。

M−1がなくなった今R−1やKOCも
いつまで続くか判りませんしね。


2011/1/29  14:22

投稿者:TU-KA


続く

久馬さんの脚本も素晴らしいですが、形にこだわり過ぎてなだぎさんやゴエさんがバランスを取る役が多いです。
だからKOCはなだぎさんにネタを書いてほしいです。
自由で開放的でキャラで笑わせるようなネタを。
旬のジャルジャルやピースで無い限り、自分のスタイルを貫き通して決勝へ行けるほど甘くはありません。

僕は5人漫才が好きでファンになったので久馬さんがblogで明言されたように 理由はどうであれ今年のM−1に出てくれるのであれば嬉しかったですし、久しぶりにプラン単独で漫才イベントが見られる事を楽しみにしていたのですが無くなってしまいました。

なので今年のKOCこそはオール新作で挑むくらいの本気を見せてほしいです。
今日のR−1準決勝も。

勿論見に行きますが、ギブソンさんは∞ピンネタコレクションで披露した「ガルガダス2」という日記Styleのネタが全くウケてなかったですし、
また昨年のようにフリップで挑むのであれば決勝は厳しいですけどね。
何とか新ネタを引っ提げて決勝の舞台へ上がってほしいです。今年のR−1に懸けるヤナギブソンの情熱を見たいです

2011/1/29  13:52

投稿者:TU-KA


「俺がいれば俺ばかりか他の3人の笑いをもっともっと面白くできる!」

これが出来るのならば、もう少しユニットとして成立しているのでは無いでしょうか?…笑
ただ、おっしゃりたい事は分かります。

作家側にも「甘え」が生じているのであれば
新しいファンがつかない理由も 賞でレースで毎回同じ場所で足踏みしている理由も頷けます。

キングオブコント。
今のようなペースでネタを作っていくのであれば、今年も同じ結果になる気がします。
1回戦〜圧倒的な存在感で余裕を持って勝ち進む彼らが、
KOC準決勝では何故か「個性派集団」から「平凡なユニット」へと一気に劣化してしまいます。

どこかで「ザ・プラン9の概念」をぶち壊さなければ決勝への扉は開けない。

プラン9のイメージであるオシャレで、巧妙で、伏線を張って綺麗に落とすコント。
これが評価されるのであれば、アンジャッシュは3年連続で決勝へ行ってるはずです。

だから個人的には「なだぎ武」の名前と実績をフルに使ってほしいです。
プラン単独でも時々登場するピン芸人「なだぎ武」。

例えば見晴らし〜「映画館」冒頭の出演者紹介。
「近所のラーメン屋」がしつこく紹介された後、客のなだぎさんにライトを当て「なだぎ!」と紹介し
「いや、俺出えへんやろ!」
とツッコむシーン。

全国に名を轟かせている今なら更に威力は上がり
このような掛け合いならプランファンだけでなく 普通の視聴者も笑わせる事が出来るのではないでしょうか?
これに「友近の元カレが〜」みたいないじりをメンバーが被せれば尚良いですね。

R−1二連覇。たくさんの人を笑わせる事はおろか、4分という時間の使い方を誰よりも知っている芸人では無いでしょうか?


続きます

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ