2011/1/6

Little Green Bag   えいがデイズ

久しぶりに
ジョージ・ベイカーの「Little Green Bag」を耳にしたのですが
ぱっと頭に浮かんだのが「レザボアドッグス」で
「『レザボア』見直したいな」とかそんなことしか思えず
もう私のなかでザ・プラン9は終わっているのだな
と、改めて実感。
 


オリジナルだけあって何度見ても魂が震えます。

0



2011/1/9  11:51

投稿者:ひつじ

櫂様

お久しぶりです!
コメントありがとうございます。

>昨年の間にTHE PLAN9に対する情熱が急速に薄まっていくのを感じていました

私も同じくです。
最近のザ・プラン9を見ていると
「この客層なら(つまりファン相手なら)この程度でええやろ。大喜びしてもらえるやろ。」
という製作者側の深層心理が見えるようでどんどん気持ちが離れていきます。

>もうあれこれ考えるのに疲れてしまったみたいです。

なりますねぇ〜。

小林さんの演劇「ロールシャッハ」も見てきましたが、目から見て小林さんのほうがよほど真摯にコントや演劇に取り組んでいるように思えます。

「ロールシャッハ」大阪公演では観客の鳴り止まぬ拍手とスタオベに囲まれ座席に座り込んだままの久馬さんを見ました。
その経験から今年は何かが変わればよいのですが…。



2011/1/7  12:51

投稿者:櫂

ひつじ様
お久しぶりです。大変ご無沙汰してましたがお元気でしたか?
ブログはいつも拝見してましたが、昨年の間にTHE PLAN9に対する情熱が急速に薄まっていくのを感じていましたので、そんな人間がコメントしていいのか躊躇していました。 昨年は人力舎の芸人さん達を中心に数回ですがライブを見ました。THE PLAN9も東京で何度かライブを行ったようですが、私が足を運んだのはスピードワゴンとキングオブコメディ目当てに行った月刊コント一回のみです。THE PLAN9は常に頭の片隅にはあるけれど、もうあれこれ考えるのに疲れてしまったみたいです。 今回の新作はチケットを取っていないのですが、気が向いたら当日券で行こうかな、と思っています。
そういえば、三連休の間にラーメンズの小林さんがコントについてのワークショップを行うそうですが、小林さんの出演が発表された途端にチケットが完売したそうです。正直、こちらの方が遥かに心惹かれます。



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ