2010/3/3

『かすかにゆする はるのかぜ。』に思う  わらいデイズ

取り上げている記事はこちら



最近、久馬さんが節目節目に書くショートストーリーって、なんだか笑えるのでもなく泣かせるのでもなく、ただギミックが凄いだけのショートストーリーのように思えてきます。

それを「文才」と呼ぶのかは判りません。
が、たしかにこういう文章を(ブログに)書く方は他にいらっしゃらないかもしれません。

ただ、このところのコント(例えばレッドシアターでの「プロポーズ」)や本公演にも云えることですが、変に構成がパターン化されているように思えます。
確かにファンの方やこの手のショートストーリーになじみのない方は「凄い!久馬さん、天才!」となるかもしれません。
ところが、ある程度パターンが読めてくると。この手のコントやショートストーリーは「ああ、また例のパターンか。」と先が読めてしまいます。

現にそうなっている方もいらっしゃるのではないでしょうか?
(逆に「ひな祭り」とは全く関係のないまま終わったほうがナンセンスで驚かされたかも…)

それだけでなく、今回の記事に思うのは「褒めコメント」がつくのを前提としてか書かれているような…。
実際ついているコメントの殆どが手放しの賞賛でした。

どんな作家でも作品でも褒める人があれば反対に貶す人もいます。

でも、久馬さんのブログといえば、おそらく読者の大半が(そしてコメントをつける方のほぼ10割が)ザ・プラン9ファンです。
褒める人はいても面と向かって貶す人は皆無です。

ブログ記事を公開した時点で返ってくるのが褒めコメントになることは、久馬さんご自身も予測済みでしょう。

コメントを読むと、ブログ読者が瞳をキラキラさせて褒めている姿が見えてきます。

周りが全員YESMAN。

好意的な方ばかりだからいいことじゃないか、と思われると思います。

ただ、周りには「好きな人」と「無関心な人」しかいないように見えてしまいます。

「嫌いな人」は嫌ってくれることで「好きな人」からは得られないモノ(好きな人には見えないその人の欠点など)を与えてくれますが、「無関心な人」は何も与えてくれません。

他人から嫌われることは怖いことですが、でも、得るものはあると思います。

周りが久馬さんを好きな人ばかりというのは、それだけの力量が久馬さんにはあるからなのでしょうが、実際のところ私には今ひとつピンときません。

こんなふうに久馬さんのように周りに褒める人しかいない作家は幸福なのでしょうか?それとも不幸なことなのでしょうか?




ところで、先日、購入した「ザ・シネマハスラー」にこんな言葉がありました。

こういうこと言ってると、素直に見てない、とか言う人がたまにいるんだけど……それは違うでしょ。泣けと言われたら泣くのが「素直」なのかって話ですよ。
「ザ・シネマハスラー『パコと魔法の絵本』評」より

これは、常々思っていたことですが、
「素直になれ」と叱られたとき、「こちらはこの上なく素直に気持ちを述べているのにこれ以上どうしろと?」と、疑問に思うことがあります。
「素直になれ」というのは、「私の言うことが正しいのだからそれに同調しろ」ってことなのでしょうか?

今回の久馬さんの「ひな祭り話」も「素直に読めば?」と、云われそうですが、素直に読むと、「褒めて褒めて。」と、催促されているような気分になってしまいます。

だから、褒めてあげるのが素直なのかもしれませんね。
私には上手くできませんが…。

「素直」ってどうことなんでしょう?
人によってコロコロと姿を変えて掴みどころがないように思えてきます。


久馬さんの文才はファンしか見ない(読まない)狭い世界だけでなくもっと広い世界に挑むことでどれだけの力量なのかちゃんと見極めて欲しい気もします。

そのためにも一度書籍化されないでしょうか?


1



2010/3/4  16:38

投稿者:ひつじ

朔弥様

お久しぶりです。
コメント、ありがとうございます。

久馬さんに限ったことではないのですが、お笑いのショーレースで優勝しながら「ブレイク」を怖れ小さくまとまっている大阪の芸人さんを見ていると、なんだか「井の中の蛙、大海を知っていながらも大海に出ず」と云った感じがしてしまいます。

久馬さんのブログの文章を褒める方は大勢いらっしゃって、今回の記事にも「褒めコメント」が数多くついています。

が、このブログ記事が書籍化できるかと云うと、自信を持ってお答えできません。

イベント告知と終演後の感謝の記事が多数占めていることもありますが、なにより久馬さんのブログはザ・プラン9の芸人お〜い!久馬さんが書いているを読み手が熟知しているから、ギミックだらけのフィクションも面白いのであって、ただの37歳独身男性が書いた文章となった場合本当に「文才がある」と人は見てくれるのか、私には判りません。

もちろん、書籍化がブログ記事ではなく本公演戯曲集という可能性もあります。
そうなれば、私も購入すると思いますが、戯曲集となるとどうしても読者は生かDVDでその公演を観た方に限られてしまうと思います(※)。
また、DVD化されていない公演の戯曲集となると今度は手に取るのがファンだけに限られてしまう可能性もでてきます。

市販されている他作家の戯曲集を見ましても、普通のタレント本よりかなり敷居が高いように思われます。

小林賢太郎戯曲集のようにコントだけ集めた戯曲集であれば、まだ買い手は出てきそうそうなのですが…。

ただ、ザ・プラン9のコント集として出版するのであれば、他メンバーのピンでの評価が高くユニットしてはパッとしない今では難しいでしょう。
せめて、TOCの決勝まではいかなくてはなりません。

逆に今の状況であれば、久馬さんの場合はまるまる書き下ろし小説もしくはエッセイの方が良いかもしれません。


(※)ただし、浅越さんか灘儀さんがS−1で年間優勝し「あの浅越ゴエ(もしくはなだぎ武)が所属するザ・プラン9初戯曲集!!」と云う売り方をすれば、話は違ってくるかも…。

2010/3/4  0:00

投稿者:朔弥


お久しぶりです。

久馬さんの場合、なんだか褒めてもらう事が自身の中に前提として書かれているような気がします。私も今回読んだ時は季節感を感じたと同時に「またか……」という感情と「アリスとジャック(構成が)と変わらないなあ」という感想を持ってしまい、なんか冷めた目で見てしまいました。

周りがイエスマンばかりなのも今の久馬さんだけでなくザ・プラン9自体にも影響しているのかも知れません。

だからこそ、戯曲集の一つでも発売して欲しいとは思います。吉本興業も幻冬舎よしもと文庫(これは過去の単行本を文庫化しているみたいですが)とかに手を出しているみたいですし、一つやっていただき見極めて欲しいです、ファンとしても。

http://the-planet9.jugem.jp/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ