The ensemble hi-lites KGMC卒部後、30年を経て同期が集まりマンドリン・アンサンブルを2001年1月に結成いたしました。
当初6名でスタート、丸20年が経ち同期以外の素晴らしい仲間にも恵まれ現在18名のアンサンブルです。

2021/4/14  15:40

リモートに3人集合  今をエンジョイ!(hi-lites history)

Geprgeがリモートのための、ROOMを開設した。

今日14時過ぎに、Kenny・SammyがそのGeorgeのルームを訪れた。

大阪狭山⇔奈良⇔神戸の三つ巴のリモートを経験した。

今までの奈良⇔神戸の二箇所リモートであれば複雑にならず、お互いの音量等をいい具合に話し合って調整するのも相手が一人なので楽だった。

三名となると一気に複雑化してしまう。
お互いが二名ずつの調整を測らなければならない。

ミーティング風の会話だけなら特に問題は無かったが、それでも音声のボリューム調整に少々手間取った。

会話だけなら五名になろうがほぼ問題なく楽しめることがよく解った。

しかし音楽演奏となれば、先ず標準的な音量ボリュームの調整に時間が掛かりそうである。

何でも経験である、Georgeも初体験で結構楽しめたようである。

次に誰が加わってくれるのだろう。
やっていきましょう!!


3

2021/4/14  9:58

EHの現状は  Schedule

2021年3月27日の練習を、上六練習場での最後として終わりました。

4月以降は、六甲道練習を月に二回の練習場とすることが決まりました。

しかしながら、感染症の蔓延が衰えるどころかますます猛威を振い始め、4/3の練習は中止にせざるを得ないこととなりました。

次回は4/24の予定でしたが、
その後も大阪・兵庫とも過去最多の感染者数を日々更新し続け、4/24及び5/1の練習中止を決定しました。

GW明けにはどういう状況になっているのかを見とどけて、
5月後半から練習をどうするかを決めていくことになっています。

リモート練習に参加できる方だけでも、取り敢えずはこの練習方法を試してみたいとも考えています。
自宅から音を出すことでもあり、騒音等環境的に難しいかも知れませんが、それがクリアできる方は試していただきたいと思っています。



1

2021/3/28  7:12

3月度第2回目練習  今をエンジョイ!(hi-lites history)

昨日(3/27)は3月度二回目の練習日だった。
本年度二回目ということにもなる。

参加メンバー/Johan・Juliet・Match・Mario・Carl・Richard・Alex・Kenny・Juliot・Robert・Sammy・Wolly の12名
場所/上六練習場
時間/13:00〜15:50

練習曲
1.故郷を離るる歌 2.叱られて 3.初 恋 4.花(滝廉太郎) 5水色のワルツ 6.川の流れのように
7.愛の挨拶

以上の曲を一回の休憩を挟んで練習した。

15:20に合奏練習を終えた。

その後、出席メンバー(早退Richardを除く11名)でミーティングをもった。

重要な事項は、この3/27の練習を以て「上六練習場」での最終練習とするということ。

2008年の12/27(土)から会場利用をさせていただいて、12年余りが経ちました。
Mr,Marioのお骨折りのお蔭で、最高の環境の中で練習を続けることができました。
感謝する次第です。

今後、練習会場をJR六甲道に移して活動を進めてまいります。

大阪以東在住メンバーの方々のために、大阪近辺の会場がやはり必要な時には、皆で会場探しをせねばならないことも考えられます。

暫くは、拠点を六甲道として楽しんでまいりたいと考えています。



1

2021/3/21  7:06

第95回定期演奏会  

昨日の14:00にKGMC第95回目となる定期演奏会が配信された。

配信されたというのは、新型コロナ禍での定期演奏会開催を模索する中、リアルでの開催は難しくこの時代に一番マッチするネット配信での開催が実現されたということです。

とても素晴らしい企画であり決断でした。

現在技術顧問をされているO先生無しでは実現されなかったのではと思います。
30分弱の定演映像には色々な思いが一杯詰まったものに仕上がっていました。

O先生故の大変レベルの高い映像・きめ細かい充実した演奏が収められ、苦労された跡がうかがえます。

現役生にはもちろん、卒部してゆくF年にとってこの上ない定演が実現されて、これは一生忘れられないことの一つに間違いなくなることでしょう。

定演の中間部には、甲東園駅を降り学院に至るまでの通学路が収められていて、画面を視ているOB・OGたちにとっては堪らなく懐かしいものだったと思います。
その間、テロップに悔しい思いなども綴られジーンとくるものがありました。

演奏は、和製ポップス2曲の間にこの定演のために作曲されたO先生の「黒猫は赤い月を観て嗤う(新作初演)」がメインに収められています。
O先生カラーが実に解りやすく、興味を持って聴くことができました。
KGMCの新しい伝統を飾っていくのにふさわしい新曲に感じました。
演奏もそれに応えて素晴らしいものでした。

通学路映像のバック演奏(ギターソロ)、そして最後の「405」・・・まさにKGMC定演でした。
リアルタイムでの配信時(14:00過ぎ〜14:30過ぎ)にはネットならではのコメント欄に花が咲き、懐かしいOB・OGの名前が見受けられました、これも楽しめることの一つですね。
ネットならではの同時間帯を共有できている証しでした。

本来ホールでの定演を待ち望んでいたであろう現役生の皆さんだったでしょうが、この新しい定演配信のお蔭で大きな足跡を残すことが出来たと思います。
今までどの先輩たちもなし得ることの出来なかった新しい形をやってのけました。
今後を楽しみにしています!
O先生に感謝です。

大変な時代の現役生たち、KGMCの継続のためにやらねばならないことも多く待ち受けていますが、先ずはクラブを形作る部員増が待ち望まれることの一つでしょう。
諦めることなく地道に進めていっていただきたいと心より願っています。
 

2

2021/3/7  7:41

本年初弾きができました  今をエンジョイ!(hi-lites history)

年始の挨拶から始まった本年初弾き!

3/6(土)13時から、上六練習場でスタートいたしました。

本日の参加メンバー:
Johan・Juliet・Match・Mario・Carl・Richard・Alex・Kenny・Franz・Juliot・Robert・George・Sammy の13名でした、よく集まってもらえましたね。

Franzの挨拶・訓示、そして昨年度年間収支の報告がありました。

Wollyは休みでしたが、彼作成の年間スケジュール表を全メンバーに配布しました。
その中でSammyより、本番予定が一件も無くなってしまった現在、進むべきは練習一辺倒であること、新型コロナの進行具合で大きく左右されてしまいますが、例年秋口からの本番が出来るのかどうかを先方の担当の方といずれ打ち合わせを持ってみること、等々話されました。

昨年の夏以降、Georgeが久々の参加を果たしました。
身体状況の良くない中、前向きに参加してくれて嬉しく思いました。
これからも身体の許す限り、また会えればいいなあって強く思っています。

三ヶ月振りの練習が開始されました。

曲は以下の順番で演奏してみました。
1.青い山脈(Sammy編曲を持っていない方、K先生編曲を持っていない方と、ちぐはぐでした。調整予定です。)

2.故郷を離るる歌

3.叱られて・・僕の感想、素晴らしい編曲(平山先生)でした。

4.初 恋

5.花(滝廉太郎)

6.春の声

7.水色のワルツ

8.川の流れのように

一度の休憩を挟み、久々に懐かしい曲、新しい?曲・・・楽しく練習できました。

数曲練習する内に、皆さん自宅練をされていたのでしょう?・・・いい感じの合奏になっていきました。

流石!でした。

まぁ、このような感じで暫く続けて楽しんでまいりましょう。

お疲れさまでした。


そしてたった二名での新年会!

この状況の中、よく呑みに行くよね・・・と、言われそう。

その二人はKennyとSammyです。

昨年忘年会もこの二人っきりでした。
忘年会は法善寺。

今回新年会は、上六ハイハイタウンの行きつけの居酒屋。

芋焼酎の一升瓶がキープされています、ハイライツ名で。

6割方残っています、昨日で3割の残となりました。
お酒がキープされていたお蔭で支払いの殆どは料理ということで、
一人当たりD千G百円という安価な飲み会を催すことが出来ました。

このような居酒屋さんが売り上げ減で苦しんでいるので何とか少しでも力になりたいとの訪問でした。
ただ単に呑みたい!だけやろ!って?・・・そうかも・・・。

4時前の入店でしたが、何とまあお客さんの多いこと!ビックリでした。
B1Fに同じような居酒屋が数軒あるのですが、どの店もお客の入りは満杯に近いような感じでした。
大声で、大笑いで、ワイワイ話している若者集団、今時考えられんような輩も居ましたが、何とか新年会を終えることができました。
この混みようなら、もう少しグレードアップの店で静かにやりましょうと、次回は店を変える予定です。

このような店の混み方では(僕らもその中の一人)、
3/15の週には、三度(たび)感染者数の激増を目の当たりにする可能性があると不安な感じになりました。

次回練習は3/27(土)、於 上六練習場です。

また皆で、楽しみましょう!!!



6

2021/3/1  14:56


今年2021年の初練習が決定!!!

3月の声を聞き、やっと今年の初練習が決定した。!

3/6(土)13時スタートである。

昨年の12/5以来になるから、実に91日振りの練習になる。

3月に入り二度目となる緊急事態宣言の解除がされ、やっと活動の場を確保することができた。

昨年予定されていた本番関係が全てキャンセルとなり、

今年はどのような本番が組まれるのやら全く見当が付かない。

声を掛けていただける演奏先にコンタクトを取り、一件でも二件でもコンサートを催せればいいなあって思う。

そのためにも3/15からの週で感染者数がまたもや激増とならないように全員が協力できるところは協力していかねばならないであろう。

現状の感染者数を維持していくことが必須条件になるだろう。



0

2021/1/26  7:24

新年の練習開始は?  

新年2021年・令和3年もまもなく2月になろうとしている。

1月23日(土)をEHの初弾きと決定していた。

しかし年末から年始めに掛けて新型コロナは猛威を振るいだした。

収まっていくどころの話しではない。

1/7に関東1都3県に、非常事態宣言が発出され、

それを追うように1/13,関西2府1県にも非常事態宣言が発出されてしまった。

関東・関西とも2/7を宣言の解除日に設定されている。

ここ2・3日を見ると宣言の効果か全国的に感染者数が減ってきたように見受けられる。


まあそのようなことで、EHも練習中止となりました。

感染者数の推移を見守りながら、現段階では新年初弾きは2/27に変更されました。

その日のスタートを祈るばかりです。


※本年度の練習曲を募集しています。
この時期こんな曲を弾いてみたい・・・という選曲を、Wollyまでご連絡ください。


どうぞ皆さん、お気を付けてお過ごしください。



0

2020/12/6  8:40

2020年EH最終練習できた!  今をエンジョイ!(hi-lites history)

昨日12/5(土)はEHの本年度最終練習日だった。

練習実施に至るまでの一週間余り、全メンバーに出欠の可否を問うたところ全パートが揃うこと(9名)で練習することに決まった。
つい先日、大阪・兵庫の首長から緊急事態宣言以来の県境を跨ぐ往来自粛要請がされたにも拘わらず実施したのである。

今年一年は全ての本番が中止となり、練習も半分くらいの回数しか出来なかった。
せめて年の最後の練習くらい何とか実施したい気持ちが勝ったようである。

当然、細心の注意を払っての集合である。

練習場:上六練習場
参加メンバー:Juliet・Match・Mario・Alex・Kenny・Franz・Juliot・Sammy・Wolly の9名

13時よりWollyを中心に今年度の練習実施状況(実績)・懸案の忘年会実施について・来年度弾き初め等に関して話し合われた。

結果は下記の通りである。
・忘年会は中止とする、新年コロナ禍の収まり具合を見て新年会に類する会合を実施したい。
・来年度弾き初めは、今のところ1/23(土)の予定で、6月末まで月2練習の全ては上六練習場を使わせてもらうこととした。
・練習曲に関して、2021年1/15迄に練習曲の希望がある人はWolly宛にメールを送信して欲しい。
一方Sammyの方で、本番(1時間くらいの)想定をして、練習曲を選曲し本番に備えていきたい。

以上、全ての事案に関して決定次第メール配信でお知らせします。
なお、年が明けても現在練習中の曲も持参しておいてください。

打ち合わせ後、Alexの指導により練習を開始した。

今回練習前に、アトラクションが披露された。
メンバーの中で新しいデュオユニットが結成されていて、そのユニットの練習成果を他のメンバー方に聴いてもらうというもの。

新ユニット名・・・・「 E 2 」(イーツー)
ドラのKenny、ギターのSammyの両人による演奏。
12/15本番に向けて二人で練習していた曲数曲である。
生憎コロナ禍のさらなる悪化によりこの本番も中止が決定した。
披露した曲は、知床旅情、北国の春、丘を越えて、ロシア民謡(路〜ステンカラージン)、トゥナイト、405の6曲である。
演奏点数は30点くらい!?
来年は本番に耐えうる演奏力を目指して本格的に練習を重ねていきたいと思っている。

そして合奏練習・・・
練習曲:日曜はダメよ、大きな古時計、ラブユー東京、いつでも君は、小指の思い出、たそがれの御堂筋、北国の春、心もよう、街の灯り、星に願いを、涙のかわくまで、翼をください、少年時代、荒城の月幻想曲、
計14曲を弾きまくった。

16時過ぎに今年最後の練習は無事に終わった。


二人だけの「E2」忘年会。
コロナを気にしながらも、食い気・呑み気に意地汚い二人が忘年会を催した。
上六から場所を難波に移し、いつもの法善寺の飲屋に席を取った。
二人だけの忘年会、寂しく・・しかし楽しく2時間ほどを過ごした。
何度も行っているお店だが、流石にお客は居なく大変な状況と察した。
僕らが帰る頃に3組がやっと入ってきたくらいだった。
19時頃にEHの全ての行事が終わったなと・・・、来たる新年はいっときも早いコロナ禍の収束を願い法善寺を後にした。

※「 E2 」(イーツ−)の名前の由来。
歳の差2歳の先輩・後輩が奇しくもKGに入学前に通っていた予備校が同じで加えてクラスも同じ(特殊クラス)であったことからユニット名に採用(数年前にそれが分かった)。
歴史ある大事なユニット名と思っている。


皆さま どうぞ 良いお年をお迎えください



1

2020/11/29  7:01

11月度第2回目練習は中止  今をエンジョイ!(hi-lites history)

昨日(11/28)の練習は中止になった。

コロナ禍第一波の緊急事態宣言発令の自粛期間も終わり、7/4(土)から約三ヶ月振りに練習再開となった。

それから、月2回の練習場を上六に一本化して11月まで続けることができた。

その間に、第二波に襲われ今は第三波の真っ只中。

一波・二波に比べて遙かに多い第三波の感染者数をみて外出を躊躇するようになってきた。

兵庫(H)・大阪(O)・東京(T)のHOT三都府県も11/12くらいから、三地域でそれぞれ何度も過去最多の感染者数を記録し出した。

第一波のピークの頃より、5倍以上の感染者数が毎日当たり前のように出始めているのである。

全国首長、政府も経済の後退を考え、以前のように緊急事態宣言も出来なくなり、札幌発着・大阪発着のGo to travelをストップするのがせいぜいになってきている。

国全体・地域全体を考えれば致し方のないことなのだろう。

どうすればいいのか。


皆が自分のこととして考え行動すればいい・・・と、思っている。

自身の場合・・、基礎疾患を複数抱えることになってしまい、練習に参加するため兵庫⇔大阪の行き来は暫く遠慮しようと言う判断。

体力のある人、免疫力のある人たちは、注意事項(検温・マスク・手洗い消毒等々)を守り出掛けることはOKだと思っている。

平均年齢が70歳を超えている我らが団体は、各自の体力を考え今回の練習日には三分の一以上が欠席を申し出た。

音楽合奏団体の特徴上、六つのパートが揃わなければ音楽表現に支障をきたす。

六つのパートが揃わないことで必然的に、今回の練習は中止になった。


日本の感染率が欧米に比べて遙かに少ないのは、

感染防止のマナーを多くの国民が守っていること及び生活習慣の違いが、大きな理由であると簡単に理解できる、それは誇っていい民度でもある。

一週間後の練習はまた中止になるのかなあ・・。


直ぐに12月。

にしても、とんでもない2020年になってしもたなぁ。



0

2020/11/9  16:44

11月度第1回目練習  今をエンジョイ!(hi-lites history)

11/7(土)は11月の第1回目練習日だった。

参加メンバー:Johan・Match・Mario・Richard・Kenny・Franz・Juliot・Robert・Sammy・Wollyの10名

皆勤賞を続けていたメンバーの散歩中のギックリ腰、
練習場に向かっていたメンバーの思わぬアクシデント等々の欠席で、10名での練習になってしまった。

Wollyからスケジュール等の話しがあり、
前回練習から持ち越していた「EH忘年会」の日程がほぼ決まった。
12/20(日)12:00〜15:00の昼飲み忘年会を催します。
次回11/28練習日に、参加者の最終出欠を確認いたします。

練習曲:
翼をください・街の灯り・日本抒情歌集メドレー・ロシア民謡集を一回の休憩を挟んで練習した。

後半二曲のメドレー集は改めて演奏の難しさを感じる練習になった。
自宅練習で対応をしないことには、いつまでも弾くことが出来ないフレーズがあり苦戦必至だった(ギター)。

16:00に練習は終わった。


16:30〜 3人のメンバーで居酒屋飲み会を催した。
焼酎一升瓶のボトルキープをして、約半分くらいを飲み干してきた。
廉価で美味しい居酒屋・・お客も元に戻らないまま頑張っている、何とか応援したいと思っている。


さあ、あと二回の練習でとんでもない一年だった今年も終わってしまう。


0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ