バカボンのパパのキメ台詞「これでいいのだ」を英語で言うと「Let It Be」なんだろうか?

2020/9/29

「始まりの木」 夏川 草介  活字もすっげえたまには読むぞ

クリックすると元のサイズで表示します

「藤崎、旅の準備をしたまえ」

足の不自由で偏屈な民俗学の准教授、古谷の元で学ぶ院生=藤崎千佳。足が不自由なのに自分の足での調査にこだわる古谷のお供で日本各地へ・・・傍若無人とも思える古谷の言動に付き合いながら、でもそんな旅が千佳は嫌いではなかった。そして、まだまだ駆け出し研究者の千佳は様々な体験をしながら民俗学を学ぶ意義を・・・と言う感じ。

ファンタジィ、ミステリィの要素もありながら不器用な主人公その1=古谷と、古谷の暴言に負けずやりあう千佳の旅はなかなか味わい深い。結果俗にいう「いい話」です。ガツンとは来なかったけど、気持ちのいい読後感。これで完結もバランスとしてよいけど、続編出るならまた付き合います。

面白かったです。



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ