バカボンのパパのキメ台詞「これでいいのだ」を英語で言うと「Let It Be」なんだろうか?

2020/9/22

「黒猫と歩む白日のラビリンス」 森 晶麿   活字もすっげえたまには読むぞ

クリックすると元のサイズで表示します

シリーズ第8弾。過去作の感想↓
http://moon.ap.teacup.com/hanao/3350.html
http://moon.ap.teacup.com/hanao/3583.html
http://moon.ap.teacup.com/hanao/3832.html
http://moon.ap.teacup.com/hanao/4217.html
http://moon.ap.teacup.com/hanao/4601.html
https://moon.ap.teacup.com/hanao/5151.html
https://moon.ap.teacup.com/hanao/6464.html

獄中の詩人の詩をなぞった様な夢に悩まされる少女がその通りの事故に会い、ずっと以前の黒猫の姉と隣の少年の謎に迫り、現代アート?過激な芸術は猥褻と糾弾されパフォーマ女子はおびえ、ストリートアートは芸術か落書き化で区知事の依頼で謎の芸術家を探し、贋作は果たして偽物か贋作収集家を名乗る人物のパーティで起きた顛末を・・・付き合い始めた黒猫と付き人がすっきり解決する・・・お話達。

それぞれ独立な一話完結短編たちなので軽めですが、だからこそ疲れず楽しめると言う感じですかね。シリーズとして好きなので、また次作も楽しみに。

面白かったです。




コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ