バカボンのパパのキメ台詞「これでいいのだ」を英語で言うと「Let It Be」なんだろうか?

2007/2/24

八戸は春だった その@  食い物の話とか

2/22木曜日、八戸へ向かう。うちの会社の八戸工場へ行くのだ。宇都宮駅に着いたのは8時、新幹線は8時35分。と言う事で最近定番化した吉野家の朝飯。
クリックすると元のサイズで表示します
豚鮭定食490円。朝からがっつり食った感たっぷり。豚丼は実は食ったこと無いが、この豚が乗っかっているならそれはそれで悪く無いかも。でもあの安っぽい「牛肉」のが、やっぱこの味付けには合う気がする。

新幹線のお供↓
クリックすると元のサイズで表示します
「金色棒茶」は、ほうじ茶系。結構好き。朝に良い。美味いです。
「黒豆黒茶」も中国茶ベースにしては薬臭かったりもせず、すっきりしていてまずまず。

こいつらと、ヤンジャンをお供にやまびこ→はやてと乗り継いで八戸へ。11時半ごろに着く。暖かい。っつうか防寒準備があだとなり暑い・・・何でもこの時12℃くらいまで気温が上がっていたらしい。

八戸駅前で昼飯を食うためうろつく。基本的に街中にあるのは「本八戸駅」で、八戸駅の周りではそれほど選択肢が多くは無いのだった。そんななか、一件気になった店を覗いてみると・・・
クリックすると元のサイズで表示します
魚とり行ってるんじゃしょうがない。ランチ営業はして無いらしい・・・・結局駅前の、地元の何件かの店が一緒に入った様な、屋台村チックな「八戸魚河岸食堂」っつう食い物コーナーで、「吉田亀五郎商店」のチャーシュー麺を食う。
クリックすると元のサイズで表示します
あっさり、すっきり王道鶏がら醤油。麺は縮れ細麺。何でも「シャモロック」っつう鶏の出汁らしい。結果普通にラーメン。そして普通に美味しかったです。

腹を満たして、八戸工場へ向かいお仕事。終了後向こうのメンバーと飲みに行く。予約した店へ入る前に、ふらっとデパ地下へ寄る。鮮魚コーナーがなんか凄い。
クリックすると元のサイズで表示します
10種類を越すと思われるカレイがずらっと並ぶの図。

タラの頭も↓
クリックすると元のサイズで表示します
家庭に買って帰り、どうやって食うのだろう・・・他生きたヒラメやら毛蟹やら色々そろっていて、デパ地下感はほとんど無い。「こっちの方が『八食センター』より鮮度が良い」と言ってる地元の人も多いらしい。

で、なんでデパ地下寄ったかと言うと・・・
クリックすると元のサイズで表示します



「飲む前に飲む!!」


高級チックな牛乳をチョイス。かなり美味かった。720mlをきっちり飲み干して宴会へ突入。「はなの舞」とか言う居酒屋。
クリックすると元のサイズで表示します
色々美味かった。鶏系各種と、かにみそ、ぼたんしゃぶ→猪のしゃぶしゃぶあたりが特にナイス。ああ、後「韃靼そば茶」が美味かった。

トイレの「個室」にはこんな貼り紙。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
最近こう言うの多いな。しゃがんでると確かについつい読んではしまう。

実は体調がいまいち(と言うか、開始前から疲れてて眠かっただけだが・・・)だったので、酒は控えめに適量で・・・とりあえず食った。そして結局騒いだ。結果楽しく、7時〜12時ごろまでの宴会。そしてホテルへ行き、明日に備え寝る。

続く・・・



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ