バカボンのパパのキメ台詞「これでいいのだ」を英語で言うと「Let It Be」なんだろうか?

2020/9/20

「生まれつきの花 警視庁花人犯罪対策班」 似鳥 鶏  活字もすっげえたまには読むぞ

クリックすると元のサイズで表示します

2%程度の割合で存在する「花人」と呼ばれる人間。体臭として百合の香りがすることからそう呼ばれ、「常人」より見た目や知能や身体能力に優れることが多く、まじめで努力家傾向がある。最も特徴的なのは、常人の非可聴域の超音波の聞き取り&発声にてコミュニケーションが取れること。そんな花人なのでやっかむ差別者も多いのだが・・・犯罪、特に凶悪犯罪に手を染めるものは、本来の気質もありほとんどいなかった。そんな中、花人による殺人事件が「続けて」起こり世の中は一斉に花人を攻撃し始める・・・世の流れを憂いながら火口竜牙はと通訳課から応援に来た花人の水科此花捜査と昼行燈上司の草津の3名で操作に当たる。個々の事件は昼行燈とは思えぬ草津の推理で解決するも一連の流れに大きな陰謀の臭いが・・・そして事態は・・・そんなですか。


物語中描かれる大衆の愚かさによる恐怖はこのコロナ禍だからより響く・・・割とそんなところで鬱々イライラもしてしまうけど、それをバネにちゃんと・・・??なるほどと言う感じでした。

面白かったです。
タグ: 小説 ミステリィ SF



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ