バカボンのパパのキメ台詞「これでいいのだ」を英語で言うと「Let It Be」なんだろうか?

2020/9/19

「猫弁と星の王子」大山 淳子  活字もすっげえたまには読むぞ

クリックすると元のサイズで表示します

前作で全5作完結!!・・・となったはずの猫弁シリーズ。6年ちょっとぶりにセカンドシーズン始動と言う事です。まあ嬉しい誤算?・・・誤算ではないか・・・ウェルカムです。

これまでの感想↓
http://moon.ap.teacup.com/hanao/3642.html
http://moon.ap.teacup.com/hanao/3644.html
http://moon.ap.teacup.com/hanao/3900.html
http://moon.ap.teacup.com/hanao/4125.html
https://moon.ap.teacup.com/hanao/4484.html

婚約したが、百瀬の母親の出所まで・・・3年後へ結婚を延期した百瀬太郎&大福亜子。相変わらずの通常運航で、喫茶店で赤ちゃんを母親から託されたり、また猫も増えてたり・・・しまいには死なない猫の謎に関する依頼が???そんな中、大福の元雄後輩春美が奇麗になって帰ってきた。おなかには子供、情勢不安なミャンマーに駐在中だったけど、旦那にも言われ子供を無事に生むまで日本で過ごすという。しかし何やら春美にコアラの様に引っ付いた少女が・・・道で拾ったという少女は早稲田の入学金に騙され、入学するためやってきたが合格しておらず、入学金やら寮費やら学費やらで豊かではない生活の中で母のためた100万円をだまし取られたと・・・そして「これは猫弁案件ね」と春美は言った・・・???そんな感じ。

いや、1部の完結はもう6年前なんだな・・・懐かしい・・・こういう感じだった。愛にあふれたドラマで盛りだくさんで優しくて笑えて泣ける・・・素敵な復活。次も待ってます。


非常に面白かったです。



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ