バカボンのパパのキメ台詞「これでいいのだ」を英語で言うと「Let It Be」なんだろうか?

2020/2/12

「推理作家が探偵と暮らすわけ」 久住 四季  活字もすっげえたまには読むぞ

クリックすると元のサイズで表示します

マンションの下階から起こった火事で、自室は全焼。住むところを失った若手推理作家の月瀬純。学生時代の面倒見の良い先輩に「ルームシェアパートナーを探してるやつがいる。訳アリだが格安物件で・・・」と紹介されたのはイギリス帰りの奇人天才美形探偵???殺人のあったビルの元はオフィスに家賃3万円で済む・・・実は大学の同級生だったらしい凛堂星史郎だった。探偵と言っても浮気や素行調査とかそういうんじゃなく、いわゆるフィクションの世界の難事件に挑む探偵で、イギリスではちょっと名が知れてたって??こうしてシェアして家賃1.5万円づつの探偵との暮らしが始まるわけだが、まあ当然振り回される訳で・・・そんな感じ。

ホームズ&ワトソン、御手洗&石岡君と・・・まあワトソンの本業は医者だし、石岡君は後天的に(?)作家になったわけで、そこは少し違うのかもしれないけど・・・そうは言っても例のアレな設定ですね。キャラは良いし、全体の空気もポップで面白かった。で、ストーリーがどうだったかと言うと・・・あれ?悪かったわけじゃないけどって気がしなくもないけど・・・まあ最後に続きそうな感じもあって、まずは自己紹介程度の作品とも思えるし・・・うん、総合的にはそれなりにはちゃんと・・・

面白かったです。



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ