バカボンのパパのキメ台詞「これでいいのだ」を英語で言うと「Let It Be」なんだろうか?

2007/1/28

恋愛小説  映画とかドラマとか

クリックすると元のサイズで表示します

原作は金城一紀の短編小説で、幻想的で悲しくて美しいお話。

最近彼女と分かれた宏行、ある日都電の中で「顔くらいは知ってる」同級生=聡史に声をかけられる。非常に影の薄い奴であだ名は「透明人間」。宏行がつけたあだ名だった。そんな聡史が、宏行に相談を持ちかける。自分の「遺言書」を作るのを手伝って欲しいと言う物だった。聡史は両親も無く一人豪邸で暮らしている。お金ほしさに引き受けた宏行、そんな中、数奇な運命に呪われた彼のこれまでの人生についての話を聞かされ・・・・

そんな感じのお話。

あのさらっとして幻想的だった話を映画として成立させるため、色んな細かい設定が追加されたり変わっていたりはする。でもOK。そこは「花」とは違う。多少説明的になったとは言え、ちゃんと「幻想的で、悲しくて、美しく」仕上がっており、原作の世界観はきっちり守られている様に思う。いや、良かったです。先、小説読んでるから展開全部判っちゃうんだけど、それでもちゃんと楽しめました。泣かなかったけどね・・・

そして、「小西真奈美は可愛い!!」と改めて思う日曜の夕暮れだった。



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ