バカボンのパパのキメ台詞「これでいいのだ」を英語で言うと「Let It Be」なんだろうか?

2019/8/25

「線は、僕を描く」 砥上 裕將  活字もすっげえたまには読むぞ

クリックすると元のサイズで表示します
両親を亡くし内にこもっていた青山霜介=大学生。バイト先の水墨画の展示会で、その道の大家に出会い、何故か内弟子に?そしてさらになぜか、その孫の超美女と勝負する事に?? しかしながら水墨画は楽しく、凍っていた心が溶けていくようでもあり・・・そんな感じ。


ずっともうamazon経由ばかりだったので、久々に本屋で買った本。少年マガジンでコミカライズされて連載されててちょっと原作小説が気になってたのをたまたま通りがかった本屋で見かけて気になり購入。ストーリーは大したこと無いんだけど(失礼)、丁寧に状況や心情が読みやすく描写されてるので一気に読めます。フワッとしてるけど読み心地は良い。マンガの方が尺が長い分より細かくなっているのは、原作者の意図も入ってるのかな・・・

割と面白かったです。
タグ: 小説 水墨画 



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ