バカボンのパパのキメ台詞「これでいいのだ」を英語で言うと「Let It Be」なんだろうか?

2019/6/23

「市立ノアの方舟」 佐藤 青南  活字もすっげえたまには読むぞ

クリックすると元のサイズで表示します

市役所職員の磯貝健吾。所内政治所以で突如命じられた移動先はさびれた「崖っぷち」動物園の園長。「またど素人の腰掛園長が・・・」と出向いてみれば職員たちに一切の歓迎ムードは無い。そして確かにど素人の自分に何も出来ないなとネガティブシンキング・・・も、父の転勤先を聞き素直に目を輝かせて喜ぶ娘=5歳と、優秀なモチベータな妻に乗せられいっちょやるかと。元々優秀な仕事人の磯貝、次々と出す施策に所員たちも一人また一人と同調し・・・良い兆しが見えた頃に市の方では不穏な動きが・・・そんなですね。


非常に判り易いお仕事小説。教科書通りの展開。それでも読まされるのは登場人物達がイキイキ描かれてるからか。加えて一つ一つの出来事や、動物達の行動の描き方が丁寧だから。そして、そうなれば「教科書通りの展開」は快感以外の何物でも無く・・・

非常に面白かったです。



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ