バカボンのパパのキメ台詞「これでいいのだ」を英語で言うと「Let It Be」なんだろうか?

2015/11/24

「君と時計と嘘の塔 第一幕」 綾崎 隼  活字もすっげえたまには読むぞ

クリックすると元のサイズで表示します

小学校の頃大嫌いだった彼女、酷く傷つけてしまってから手遅れの恋に落ちる。「俺」は自分のせいで孤独な生活を送ることになった彼女のストーカー的存在になり・・・高校に入るとそんな自分にも、そんな思いを理解してくれる親友が出来た。ある朝「彼女が死んだ」と言う悪夢から目を覚ますと、大事な親友はこの世に存在しなくなっていた・・・・そんなお話?


作者・・・メディアワークス系以外初?で、これ・・・続くんですね。どのくらい続くんだろう・・・物語半ば故、今回はつかみまで。ボリュームが控え目な事もあるけど、今の所一気に読み切れるテンポの良さ&積み重なる謎と、ほど良くエキセントリックなサブキャラ達と主人公がつむぎだす物語を楽しんでます。


このまま面白くなる気がします。



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ