バカボンのパパのキメ台詞「これでいいのだ」を英語で言うと「Let It Be」なんだろうか?

2015/7/31

「王とサーカス」 米澤 穂信  活字もすっげえたまには読むぞ

クリックすると元のサイズで表示します

お話としては独立してるけど、傑作「さよなら妖精」の大刀洗万智が大人になった後のお話ですね。

「さよなら妖精」の感想↓
http://moon.ap.teacup.com/hanao/1604.html

ここでもチラッと・・・↓
http://moon.ap.teacup.com/hanao/2463.html

新聞社を辞めた万智は、今ネパールはカトマンズに・・・フリーライターとしての助走期間のつもりだったんだが、そんな時突然起きた王家の殺人事件を取材する事に・・・そんな中、彼女が取材で会った軍人が殺人死体で発見。背中には「INFORMER=密告者」の文字が切り刻まれてて・・・混乱するカトマンズの街と、取材と、事件と・・・そんな感じ。


終盤の怒涛の展開はさすがです。ヘラヘラ笑って読めるようなお話じゃないけど・・・エンターテイメントとしてもきっちり仕上がってるのは、その辺のミステリィ要素のさじ加減所以ですね。そして重めのテーマも・・・登場人物達も・・・読み終わった後でも、みんな嫌いじゃ無い。

面白かったです。



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ