バカボンのパパのキメ台詞「これでいいのだ」を英語で言うと「Let It Be」なんだろうか?

2014/11/27

「いたいのいたいの、とんでゆけ」 三秋 鎚  活字もすっげえたまには読むぞ

クリックすると元のサイズで表示します
唯一の友人の自殺で引きこもる青年・・・その前の期間現世でのよりどころだった、5年前に自分から音信不通としてしまった「文通相手」に会いたいと手紙を送る。果たして待ち合わせ場所に彼女は来なかった。コンビニの駐車場でウィスキーをあおり飲酒運転・・・そして「少女」を機ひき殺してしまったはずが・・・・「なんてことをしてくれたんですかっ!!」と死んだはずの彼女に攻め寄られ???彼女は自分の死を10日ほど「先延ばしに出来る」と言う。その間彼女を「殺した責任」を取り、彼女を苦しめた人物達への復讐の手伝いをすることに・・・・???



うむ・・・もっとポップでコミカルな内容かと思ったが、予想外に小難しく「痛い」感じだった・・・でもなんか、結構スイスイと読んでしまったし、不快でも無かったのは・・・面白かったのかな??なんか面白かった気がしないでもない・・・ストーリーもきっちりしてるし、隔離された中に救い的な物が感じられなくも無いしラブコメ的でなくもない・・・が中二?うむ・・・


面白かった気がしなくもないです。感想として「普通」では無いです。



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ