バカボンのパパのキメ台詞「これでいいのだ」を英語で言うと「Let It Be」なんだろうか?

2013/2/22

「ドンナビアンカ」 誉田 哲也  活字もすっげえたまには読むぞ

クリックすると元のサイズで表示します

「ドルチェ」の続編・・・魚住久江でシリーズ化か。「ドルチェの感想」↓
http://moon.ap.teacup.com/hanao/3294.html

誘拐された飲食チェーン店の専務と社員。要求された身代金は2000万円・・・しかし、なんか変な感じが・・・割と清めに恋に落ちた酒配送のトラック運転手とキャバクラ勤めの中国人姉ちゃん。しかし姉ちゃんには愛人がいて、運ちゃんもその愛人と知り合って・・・そんなこんなが融合して、中年女性独身刑事=魚住久江がみんなと一緒に事件を追う・・・感じですか?


2作目もやはり地味だが味わい深い系で、もうこのシリーズのカラーはこっち系ですか。事件関係者のバカっぷりがいろいろ素敵で、バカゆえの薄汚さとバカゆえのピュアさの相対がなかなか素敵なコントラスト。ラストも、自分は好き=いい感じ・・・


面白かったです。
タグ: 小説 警察 恋愛



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ