バカボンのパパのキメ台詞「これでいいのだ」を英語で言うと「Let It Be」なんだろうか?

2005/11/16

LUZ by DJAVAN 1982  音楽の話とか

クリックすると元のサイズで表示します

昔・・・もう15〜16年ほど前になるのか、「イカ天」と言う素人バンドの勝ち抜きオーディションの様な番組があった。そこにフライングキッズと言うバンドが出てきて、5週勝ち抜き「初代グランドイカ天キング」というのになってデビューする。そのフライングキッズが2週目(確か・・・)に演って、デビュー曲ともなる「幸せであるように」と言う曲が、結構好きだった。当時FUNKにはまっていたので好感を持って見ていたせいもあったか。

当時の花男は学生で、友人に「あの曲良いよね」とか話していたのだが、その友人が「そっくりな曲を知ってる」と言う。ただし偶然耳にした音楽で「マラソンを見てたらエンディングでかかった」「サビでは『サムラーイ♪』と歌ってる」「その後ラジオでまた偶然耳にして『シャンパン』って言うような名前だった」と言うだけの情報。

「他になんかねえの?」と聴くとそのマラソンの時あまりに良い曲だったので「ビデオテープに途中から音を落とした」とのこと。ということでそいつの家に行きその途中から録音された曲を聴いた。確かに・・・似てる。そしてものすごいよい曲だった。サビは確かに「サムライ」と歌っている。もう一つ判ったのはどうも歌詞が響きから「どうやらポルトガル語らしい」ということ。恐らくブラジル音楽か?当時その友人も何年もレコードを探しているのだが見つからないと言うことだった。そしてその日から花男も「ブラジル」「シャンパン」「サムライ」と言うキーワードを手繰って音源探しが始まった・・・

時は流れ約15年後、マサチューセッツから日本へ帰国してすぐの頃、宇都宮の新星堂でこのCDを見つける。「DJAVAN=ジャヴァン」・・・・「シャンパン」に聞こえなくも無い。曲目をチェックする。1曲目が・・・・

「SAMURAI」

・・・・!!!!ついに見つけた!!即効でレジに持って行き購入、家路を急ぎCDを再生する・・・

そして久々に聴いた・・・いや全貌を初めて聞いた「SAMURAI」は、やはりすばらし曲だった。間奏のハモニカも素晴らしい。クレジットを見ると、なんとスティービーワンダーだった!!散々これまで探してようやく見つけたのだが、解説によればこの「SAMURAI」は結構なヒット曲だったようで、このCDも99年に再発になっていたのだ。でも簡単に見つかっちゃってたら、きっとつまらなかったんだろうとも思う。何より出会えたのだから良かった。

アルバム全体としては正直言って甘口すぎて・・・趣味ではありません。でもこの一曲だけでも聴く価値ありと思うです。フライングキッズのファンだった方も聴いてみ。



2006/10/8  16:56

投稿者:花男

>ラコさん

コード進行が多分おんなじ感じなんですね、「JUST THE TO OF US」。花男が持ってるのもグローバーワシントンJrのやつです、確か。

2006/10/7  19:24

投稿者:ラコ

花男さん、こちらこそよろしくお願いします。
「Just The Two Of Us」気が付きませんでした。
グローバーワシントンJrのバージョンが、何かのコンピ盤に入ってるのを持ってるような気がするので、探して聴いてみますね。

2006/10/6  21:32

投稿者:花男

>ラコさん

いらっしゃいませ、こんにちわ!!

「広く浅いくせに偏っている」をモットーに、基本的には「如何に好きか」を表現すべく、でもかなり適当に書き散らしております。今後とも宜しくお願いします。

そーいや、長いこと花男は失恋どころか恋もして無い・・・

「幸せ・・」あまりに「SAMURAI」似てますよね!!ちょっとだけ「Just The Two Of Us」にも似てますが、こっちはバックの音の感じまでくりそつで。本当にわらっちゃうくらい。

でも笑える感含めて、愛のあるパクリは好きです。


2006/10/6  9:39

投稿者:ラコ

突然失礼します。

一昨日のJ−WAVEで初めて「幸せであるように」を聴きました。
私が失恋に向かいつつあるからでしょうか、歌詞とか歌い方が突き刺さるような感じでした。
...が、浸りきれない、どうしても笑ってしまうのです。
あまりにも「SAMURAI」に似ているから。
私の気のせい?
そう思っている人は他にも大勢いるよね?
ってことで、こちらに辿り着いたのでした。
1年近く前の記事ですが、思わずコメントしてしまいました。

花男さん音楽の話、おもしろいです。
色々コメントさせて下さい。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ