バカボンのパパのキメ台詞「これでいいのだ」を英語で言うと「Let It Be」なんだろうか?

2011/10/30

「眼鏡屋は消えた」 山田 彩人  活字もすっげえたまには読むぞ

クリックすると元のサイズで表示します

藤野千絵は気が付いたとき、演劇部の部室で倒れていた・・・そう、私は高校2年生で学園祭で演じる演劇の練習中だったはず・・・ってそれが8年前だって?誰かに殴られた拍子に、失われた8年間の記憶と、失われた記憶の直後のあり得ない親友の自殺?ともかく、自分の記憶も大事だが「実綺」が自殺したなんてなんかおかしい!!っと・・・調べだす。で同級生だったやな奴だが見た目はタイプの椋介が私立探偵だって???で一緒に当時の事件を追う・・・実綺の自殺と、その3年前のある高校生の事故死・・・そしてそれを題材にした劇の台本「眼鏡屋は消えた」に隠された謎?そんなもんが徐々に浮き彫りに・・・なるのか???


能天気な主人公キャラにより、テンポよく進むストーリー・・・ちょっと演劇チックかな?その分、人間ドラマ側に深みは無いが、色んなやな奴っぷりとか良い奴っぽさ?そう言うのはコミカルに浮き上がってきて吉。ミステリィパートもオチがシンプルな分、途中の経過で工夫を凝らし、ビシッと納得感を・・・って感じですか。デビュー作?とくれば、次作にも興味津々です。

面白かったです。



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ