バカボンのパパのキメ台詞「これでいいのだ」を英語で言うと「Let It Be」なんだろうか?

2011/10/24

「ドルチェ」 誉田 哲也  活字もすっげえたまには読むぞ

今日は体調崩し会社を休み・・・だいぶ復活したが、片頭痛を鎮静剤で抑えてぼけっとした頭で読書したりもしながら安静に過ごしてます・・・


クリックすると元のサイズで表示します
魚住久江、独身のままいつの間にか四十を超えてしまった刑事。「人が殺されてからの捜査より、誰かが死ぬ前の事件に係わりたい・・・」そんな思いで、古巣の警視庁本部・捜査一課からの誘いを断り続けて、所轄を渡り続けてもう十年・・・そんな久江の係わった事件6編。


と言う設定だけに、いつもより地味っちゃあ地味。人もほとんど死にません。その分味わい深いキャラ達が真剣に地味な事件を追い・・・そして被害者なり犯人なりの事情やら陰謀やら優しさやらそんなこんなで隠れてしまった謎を解き明かしてく感じは、地味なりに心地よく・・・好き。続編出たらまた読みたいが・・・他にシリーズ物抱えてる作者だし、やっぱ地味だし・・・どうなんだろ?


面白かったです。



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ