バカボンのパパのキメ台詞「これでいいのだ」を英語で言うと「Let It Be」なんだろうか?

2006/5/14

THE KING OF COMEDY  映画とかドラマとか

クリックすると元のサイズで表示します

デニーロ主演の1982のコメディーらしい。

売れないコメディアンのパプキンさん、ある日有名コメディアンジェリーとの接触に成功。パプキンにとっては一斉一代のチャンス。ジェリーにしてみればまたうざい奴が・・・ジェリーとりあえずパプキンをその場は上手くあしらうが、パプキンの中ではもうマブダチ状態。妄想は加速しながら暴走する。もう止められない。しつこくジェリーにコンタクトするパプキン。冷たくするジェリー。そして・・・・てな感じ。

なんていうか登場人物達が「イタくて」非常に良いです。カッコ悪いのに懸命にスカしてる。ダメダメなのに自信たっぷり。妄想好きで、徐々に現実の区別も付かなくなってる・・・・いやあ、イタイですね。イタさ具合の描き方見事です。まあストリーの方向性としてはこないだ見た「AIR HEAD」に近いか。あっちが爽快に馬鹿なのに対してこっちはイタくてカッコ悪くてキモイ。そう、比較するとこっちの方がややダーク。どっちが好きだったかと言うと・・・こっちかな?もう1回見るならどっちかって言ったら間違いなくこっち。面白かったです。



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ