バカボンのパパのキメ台詞「これでいいのだ」を英語で言うと「Let It Be」なんだろうか?

2010/12/13

「探偵ザンティピーの休暇」 小路 幸也  活字もすっげえたまには読むぞ

クリックすると元のサイズで表示します

語学の天才?どんな言葉も数時間である程度「聞く・話す」くらいは出来る様になっちゃう・・・そんなニューヨークの探偵「ザンティピー」が日本語を覚えたのは映画の「寅さん」・・・彼の彼の妹が日本人と結婚して、温泉宿のおかみになったと。遊びに来てよと誘われた、訪れたのは北海道の田舎町。気のいい人たちと豊富な自然。でも妹が兄に来てもらいたかったのには理由があった?立ち入り禁止の「聖地」で人骨が・・・???そんなお話。


寅さんの言葉を操る、身長190cmの白人・・・まあそれだけでも面白い。良い人達に囲まれてほのぼのと展開していくミステリィでまあなかなか・・・でもこの人の作品としては物足りない部類に入るか・・・ハードル上がってるからか?

それなりには・・・いや普通にはか?・・・面白かったですよ。



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ