バカボンのパパのキメ台詞「これでいいのだ」を英語で言うと「Let It Be」なんだろうか?

2010/9/26

「往復書簡」 湊 かなえ  活字もすっげえたまには読むぞ

クリックすると元のサイズで表示します

いまどき封書の「手紙」のやり取りによって語られる3つの「事故から」5年後、20年後、15年後のやり取りで・・・関わった者達の現在と当時の真相が・・・そんな連作短編集3作。


手紙のみでの構成と・・・真っ先に思い浮かべたのは森見登美彦の「恋文の技術」・・・あれは往路のみで見事ではあったが・・・まああの人の作風で大馬鹿系だったので・・・湊かなえがやるとなればそりゃまた違うテイストだよねと、こう言った「縛り」の中でどう展開していくんだろうと読み始めて・・・ああ、見事湊かなえの世界ですね。がっつり心理ドラマだった前作とはまた異なり、今回はきっちりミステリィ的スリリングさのキレも復活。で今回はストーリーセラーの短編ほどでは無かったが・・・割りと善玉・・・ホワイト湊かなえ?最後なんかもう、ほわ〜っとあったかい気分になっちまったですよ。


非常に面白かったです。



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ