バカボンのパパのキメ台詞「これでいいのだ」を英語で言うと「Let It Be」なんだろうか?

2006/1/22

「幽・遊・白書」 "完全版" 富樫義博 全15巻  マンガの話とか

クリックすると元のサイズで表示します
近所の本屋で全巻そろってたので「おお〜 懐かしいなあ〜」と思い購入し一気読み。そおかあ・・・そうだな、こう言う話だったなあ。何年前の作品だっけ?

冒頭から主人公が死んでる。霊界にとっても予定外の死だった主人公が、生き返るために徳を積むっつうのか、そういう感じで始まるマンガだが・・・まあその設定はすぐに意味を成さなくなる。基本はいかにも当事のジャンプな、少年大好きバトルものへとなっていく。なんつったって実は主人公が魔族の子孫?そんなんだもの。

でもね、読み返して面白かったですよ、素直に。さすがにヒットしたマンガだよね。ストーリー展開に迫力とスピード感があるし、登場人物がみんな味がある。この人キャラの使い方が上手ですよ、やはり。恐怖とか絶望とかあるいはその中での希望とか・・・後「男前」の描き方も上手ね。まあ最後の方は無理矢理終結しちゃった感はあるけど、面白いマンガだと思いますです。一日で一気に読みきりました。

このマンガのヒットで相当のお金が入ったからなのか、燃え尽きたからなのかこの人も筆不精(?)な漫画家さんになってしまう・・・「Hunter Hunter」ってどうなるのかな?あれこそ全部終わってから一気読みしないと訳わからなくなってるよな・・・




コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ