バカボンのパパのキメ台詞「これでいいのだ」を英語で言うと「Let It Be」なんだろうか?

2008/8/8

「サクリファイス」  近藤 史恵  活字もすっげえたまには読むぞ

クリックすると元のサイズで表示します

主人公は元陸上選手。インターハイで優勝し、次のオリンピックも狙えると言われていた。でもただ勝つために走る事は苦痛だった。そんな中深夜のTVでたまたま見たロードレース。ゴール直前で後ろの奴に勝利を譲った先行者。頭に「????」いかさまか?しかしネットでは賞賛の嵐。理由を知り感動→ロードレースの世界へ。そこで出会ったエースレーサー。彼にまつわる三年前の事故に関する疑惑。そしてまた新たな悲劇が・・・・そんな感じのお話。

ボリューム的にはかなりサラッとした感じであっという間に読み終わる(今日の行き帰り+ちょっとくらい)。淡々とロードレースの世界が描かれる。そんな中、徐々にクローズアップされる「エースの疑惑」と「夢の舞台」に徐々に揺り動かされだす主人公も淡々と。で新たな悲劇の背景が明確になると・・・・




なんて男前!!



ここ最近接したフィクションの登場人物の中でも抜きん出て男前の奴が居る。そう思えば、淡々とした感じもこの男前感を際立たせている。そのためだけでも読んで良かった。



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ