バカボンのパパのキメ台詞「これでいいのだ」を英語で言うと「Let It Be」なんだろうか?

2008/7/21

「タイマ」 嶽本 野ばら  活字もすっげえたまには読むぞ

クリックすると元のサイズで表示します

例の事件で逮捕→執行猶予での判決後の復帰一段。そして何故かカートコバーンとコートニーラブに捧げてるらしい。

この人の作品は「下妻物語」関連(大好き!!)が極めて作風として異色で、他は何作か読んでるけど結構「黒い」。「ロリ井タ」とか結構面白かったけど、そんなにしょっちゅう読みたい感じではなく・・・最近あんま読んでなかったんだけど・・・まあ目に付いて・・・お調子もんとしては瞬なうちに読んどこうかと、ファンにぶち殺されそうなモチベーションで購入した次第。

まあそのまま自分の逮捕に絡めてフィクションで味付けした恋愛物になっとる訳ですが・・・

"パーツ"としてはそれなりに面白かったり・・・でもそれにしても・・・



冗長



うん・・・最初良い感じだったんだけどね・・・延々と・・・もちっとコンパクトで充分表現出来た様な・・・・今まで読んだのはここまできつくなかったけど・・・

花男はNver MindはCD持ってるけど「Smells Like Teen Spirit」がちょっと好きだったからで ニルバーナにもカーとコバーンにも特別な思い入れは無く・・・ましてやロリータファッションにはもっと・・・そこへの興味次第ではきっともっと楽しめるのかも知れぬ。


とりあえず「乙女のカリスマ」の作品におっさんが手を出してはいかんと言うことですね。

追記:タイポ修正しました助長→冗長



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ