X平成17年 愛・地球博(自然の叡智)の年にAOLで「趣味のブログ」をはじめました。AutoPageが進歩しますように。X
X(挑む!)新丸山ダム木曽川導水路完成を。 / 中京の愛知・岐阜に国家機関移転を。 / 『ものつくりイノベーション』を。X
X喜望峰の国で日本の「走るサッカー」は開花した。(日本はアフリカ開発会議(TICAD)主催国) / 領土譲らず日露友好X
X『1959.3.10ラサ蜂起』等の『人権犠牲者』を悼みます。 / 西域シルクロード東西文化の融合寛容大東文化復活!X
X支那(キタイ)北京(カンバリク)五輪と08憲章 / 復興オリンピズムTOKYO●SAPPORO! / (2025年)大阪・関西万博。X
X東京・三多摩横田飛行場鉄道物流を結びつけよう。 / 国際ハブ港をめざす横浜港の新しい南本牧ふ頭にメガシップ寄港を。X
X(風車のOPEN YOKOHAMA)「横浜開港の精神」を継承し、「愛市の鐘」の「地球都市横浜」を作ろう。X
X日本海(Sea of Japan)側の新潟県 越後妻有では、3年ごとに大地の芸術祭が実施されます。X
X「極限環境」の岐阜県 東濃研究学園都市の隣、花フェスタ記念公園(可児郡)近くに御嶽宿があります。X
X勤労青少年の日は毎年7月第3土曜日です。(平成31年標語)「若い芽を 育て咲かせる 社会の輪」X
X(人間開発は礎)『ヒューマンセキュリティー』によるセーフティーネット(安全網)を維持しましょう。X
X雇用支援機構アビリティ、能力開発セミナー生産性向上支援訓練求職者支援訓練を実施中です。X
X(65歳定年制導入を!)「雇用の正規化」は国民生活を安定させ、多くの社会問題を解決へと導きます。X

2007/7/26  6:21

イラク軍は自衛隊をモデルにしては?  汽船(エッセイ)
 イラクサッカー代表は、韓国に勝ちアジア1の座に迫りました。国が厳しい中イラク国民にどれだけの希望を与えるのでしょうか?本当に本当にすばらしいことだとお思います。

 アメリカがイラク占領統治にあたり、「日本の戦後統治を参考にすればうまくいく」と、アメリカの有識者がいうのを見て首をかしげたものです。日本人は別にアメリカ軍がすばらしかったから統治に服したわけではなく、国際法に基づいた主権回復のプロセスであることと、あともう一つは、大元帥である天皇陛下が「耐えがたきを耐え、忍びがたきを忍べ!」と厳命していたからうまくいったのです。
 
 アメリカ軍はすぐれた騎士道精神を持つ軍人も多かったのですが、ならず者も多かったので受け入れる方は大変だったのです。それはイラク国民も同じだと思います。

 最近気がついたのですが、米軍を受け入れた都市部と実際に見ることの少なかった地方の人で、占領軍の見方がかなり違うように思いました。別に解放軍に米軍とならず者の米軍がいたわけではなく、国際法に基づき占領統治をする連合国軍がいただけなのです。

 空襲でひどい怪我をした人で、生涯外に出れなかった人もかなりいると思います。
 
 イラクにもすぐれた権威のある、シーア派からもスンニー派からもクルド族からも尊敬される、国事行為を行う大統領職を作り、モラルリーダーシップをとるべきだと思います。

 そのうえで、日本の自衛隊にならい、少数精鋭の軍隊を作ってはどうでしょうか?そして士官教育には日本の自衛隊も協力すべきではないでしょうか?

 イスラムの悲劇も貧困からきます。タイに「東洋のキール運河」のクラ運河がもしできれば、イエメンなどにもある貧困を何とかできるように思うのです。

 ジェトロセンサーという雑誌の今月号に、インド貿易の特集記事が掲載されておりましたが、インドは人口の約半分が25歳以下だと言います。イスラムも若い人が多いのではないでしょうか?未来はインド洋の時代なのです。

 東アジアとの貿易が活性化すれば貧困は少なくなります。若者のやり場のない怒りが過激な行動へと走らせることもないと思うのです。イラクの警察に、日本の警察のような「君達に少しでも人間としての良心があるのなら・・・」と若者に言える人がいないのは残念だと思います。

 米議会は他国の批難決議ばかり出しております。日本のいわゆる「戦場売春婦問題」に対する米下院の批難決議は、完全な事実誤認です。お金のかかる女性を戦場につれていく軍隊はありません。そんなことをしては前線の士気も下がります。戦争は買春観光ではないのです!

 もし決議されれば将来米下院の見識が問われる、米下院議会史上最悪の汚点になると思います。もはやアメリカの人権批難決議を信用する国はなくなり、アメリカの敵が笑うだけだと思います。それがよいという人も多いとは思いますが・・・同盟国の国民としては一応老婆心ながら書いておこうと思います。
0

2007/7/26  22:16

投稿者:ポスト
軍隊のみ解体するのがポツダム宣言の趣旨なのですが、何でもアメリカ民主党の国務省はベルサイユ体制のようなことを望んでいて、「軍国主義者のみ処罰する」というポツダム宣言を見てびっくりしたとのことで、それで軍隊に占領統治を丸投げする形になったという話も本に書いてありました。
 マッカーサーはパフォーマンス男ですが、第八軍司令官にウォーカー将軍のような愚直なタイプの将軍を得れたことは、いろいろありましたが日本にとってラッキーだったと思います。地味ですがパットン将軍のもとで鍛えられた猛将であり、マッカーサーの個性に振り回され、朝鮮戦争ではよいことなく、ジープで戦線視察中、パットン将軍と同じように交通事故死してしまいましたが、彼が日本にきてよかったと思います。マッカーサーもフィリピンで負け、朝鮮半島で負けそうになって何度も赤っ恥の「真っ赤ーサー」になりそうになりながら、ふみとどまるとはラッキーな男ですよね。ウォーカーとジョン・フォスター・ダレスに私は感謝しています。マッカーサーはどうしても好きになれません。

2007/7/26  7:14

投稿者:Nishitatsu1234
> アメリカがイラク占領統治にあたり、「日本の戦後統治を参考にすればうまくいく」と、アメリカの有識者がいうのを見て首をかしげたものです。日本人は別にアメリカ軍がすばらしかったから統治に服したわけではなく、国際法に基づいた主権回復のプロセスであることと、あともう一つは、大元帥である天皇陛下が「耐えがたきを耐え、忍びがたきを忍べ!」と厳命していたからうまくいったのです。

それに加えて、
 -「集団行動を好むがゆえに、個々の人間としてレジスタンスを実施するという民族的性向を欠いている事」
 -「長く空襲を受け、「とにもかくにも戦争が終わってくれれば」という気持ちが蔓延していた事」
 -「↓で記載した通り、既存のシステムや人材を温存し、活用した事」でしょう。
http://diary.jp.aol.com/bbs/17430370660/44908.htm

公職追放とした者でも、マッカサーは朝鮮戦争勃発に伴い相当数を追放を解除したと聞いた事があります。イラクでもようやくバース党員の公職復帰が認められるそうですが、もう手後れでしょう。
フセイン時代のイラク軍だって解散させずに温存し、配下として米軍の監督下で治安維持に当たらせる事で職を保障しておけば良かったものを、職と収入を取上げてしまってはゲリラになるのが当然です。マッカッサーならそうはしなかったと思います。

※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




AutoPage最新お知らせ