X平成17年 愛・地球博(自然の叡智)の年にAOLで「趣味のブログ」をはじめました。AutoPageが進歩しますように。X
X(挑む!)新丸山ダム木曽川導水路完成を。 / 中京の愛知・岐阜に国家機関移転を。 / 『ものつくりイノベーション』を。X
X喜望峰の国で日本の「走るサッカー」は開花した。(日本はアフリカ開発会議(TICAD)主催国) / 領土譲らず日露友好X
X『1959.3.10ラサ蜂起』等の『人権犠牲者』を悼みます。 / 西域シルクロード東西文化の融合寛容大東文化復活!X
X支那(キタイ)北京(カンバリク)五輪と08憲章 / 復興オリンピズムTOKYO●SAPPORO! / (2025年)大阪・関西万博。X
X東京・三多摩横田飛行場鉄道物流を結びつけよう。 / 国際ハブ港をめざす横浜港の新しい南本牧ふ頭にメガシップ寄港を。X
X(風車のOPEN YOKOHAMA)「横浜開港の精神」を継承し、「愛市の鐘」の「地球都市横浜」を作ろう。X
X日本海(Sea of Japan)側の新潟県 越後妻有では、3年ごとに大地の芸術祭が実施されます。X
X「極限環境」の岐阜県 東濃研究学園都市の隣、花フェスタ記念公園(可児郡)近くに御嶽宿があります。X
X勤労青少年の日は毎年7月第3土曜日です。(平成31年標語)「若い芽を 育て咲かせる 社会の輪」X
X(人間開発は礎)『ヒューマンセキュリティー』によるセーフティーネット(安全網)を維持しましょう。X
X雇用支援機構アビリティ、能力開発セミナー生産性向上支援訓練求職者支援訓練を実施中です。X
X(65歳定年制導入を!)「雇用の正規化」は国民生活を安定させ、多くの社会問題を解決へと導きます。X

2007/6/20  21:52

私のしごと館がめざす日本博物館!  汽船(エッセイ)
 うーん、今日一日考えてイライラしてしまいました。よくよく考えますと、ドイツ博物館も「ドイツ」というテーマや、「文化と科学」を追求していくうちに、本当に自然に「しごと」にたどりついたのであって、意識したわけではない気がします。
 私のしごと館も「日本」というテーマを追求すれば、自然に「しごと」にたどりつくように思うのです。はっきり申し上げて、「私のしごと館改革推進計画」という公式文書に、ドイツ博物館が出てくるとは思いませんでした。
 私のしごと館は旧国名では山城ですが、大和との国境にあります。日本の発祥地のようなところにあるので、そこにドイツ博物館を参考にした日本博物館があれば、すばらしいことではないでしょうか?
 そこで、私のしごと館という名称はもちろん変わりませんが、「日本博物館」という新しい個性をPRしてみたいと思います。
 トラックバックから「私のしごと館改革推進計画」や、ドイツ博物館関係の資料や、ドイツ博物館のホームページを見ていただければ幸いでございます。
 やっと頭のモヤモヤとイライラがとれてきました。図書室にいると他人に八つ当たりする危険性が少ないので助かります。「ほー」というところです。
 私のしごと館が、ドイツ博物館を参考にし、近畿で「日本化」した事実上の「日本博物館」になりますように。
 ドイツ博物館のように、国家と「市民的文化人」が中心になって、日本中が協力してすばらしい施設になってほしいと思います。
 近畿に「日本博物館」があれば、地方などと言うと近畿の方は怒るかもしれませんが、バイエルン州のミュンヘンにドイツ博物館があるように、真の地方分権の象徴にもなるようにも思いました。では苦しい時ですが、よいことがありますように!
0


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




AutoPage最新お知らせ