X平成17年 愛・地球博(自然の叡智)の年にAOLで「趣味のブログ」をはじめました。teacupが復活しますように。X
X(挑戦!)新丸山ダム木曽川導水路完成を。 / 魅力あるスマートものづくり筑波 / 『ものづくりイノベーション』を。X
X喜望峰の国で日本の「走るサッカー」は開花した。(日本はアフリカ開発会議(TICAD)主催国) / 領土譲らず日露友好X
X『1959.3.10ラサ蜂起』等の『人権犠牲者』を悼みます。 / 西域シルクロード東西文化の融合寛容大東文化復活!X
X支那(キタイ)北京(カンバリク)五輪と08憲章 / 10月10日は「五輪の日」です。 / (2025年)大阪●関西万博。X
X東京・三多摩横田飛行場鉄道物流を結びつけよう。 / 国際ハブ港をめざす横浜港の新しい南本牧ふ頭にメガシップ寄港を。X
X(風車のOPEN YOKOHAMA)「横浜開港の精神」を継承し、「愛市の鐘」の「地球都市横浜」を作ろう。X
X日本海(Sea of Japan)側の新潟県 越後妻有では、3年ごとに大地の芸術祭が実施されます。X
X「極限環境」の岐阜県 東濃研究学園都市の隣、可児のローズガーデン近くに御嶽宿があります。X
X勤労青少年の日は毎年7月第3土曜日です。(令和3年標語)「やりがいを 見つけた君に エールの輪」X
X(人間開発は礎)『ヒューマンセキュリティー』による、セーフティネット(安全網)を維持しましょう。X
X雇用支援機構アビリティ、能力開発セミナー生産性向上支援訓練求職者支援訓練を実施中です。X
X(早く65歳定年制を)「雇用の正規化」は国民生活を安定させ、多くの社会問題を解決へと導きます。X

2021/12/7  22:13

メールは使い分けていますよね  日記(I love one day)
 別になあ・・・メールで共有の方を使った方がよければ共有を使うし、調整中の話とかは個人のを使うことが多い。

 共有を使うと常時開けていないので、反応に時間がかかることがある。

 交渉の流れを見る時に共有だと消されてしまうので、個人のを使うことが多い、何よりも・・・よくわかっていないのが勝手に見て勝手に論評されても困るいう話ですよね。

 緊急事態宣言中は、たくさんの人と調整中でしたので共有だとすぐに反応できないし、相手から送ったと言われたメールが確認できなかったりしたので、大半個人のを使っていました。

 「個人メールですから、言いづらいことを言ってもいいですよ」というスタンスでした。

 緊急事態宣言下ですからね、不信感が強まっていたのですよ。

 たまに頭のおかしい人が「他の人のメールも全部ボクが見ていないと管理できない」とか、そういう人いますけどね、「誰もあんたなんかに管理お願いしていないよ」というところですが。

 退屈で他人のメールを一生懸命見ている人って気持ち悪い。

 全メール共有でやらないといけないという会社もあるようだけど、うちはそれでないしね。

 一番困るのはさかのぼってメールを確認する時に、共有だと消されてしまい確認できなくなってしまうことなんです。 

 適切に使い分けていればよいわけですよね、できるだけ共有メールを使うということで、調整終わって共有で「これでお願いします」は気分がいいです。

 ここに来た時に「茨城のやりかたはこうなんです」と、必死に言うので、不合理なことがあっても可能なかぎり守ってきたが、自分たちが忙しくなるとすぐに変えていたから、都合のよいように言っているだけだと感じています。

 佐竹氏の時代は派閥抗争はなかったそうです。ですが水戸藩は派閥抗争が厳しく、小さなグループに分かれて互いを非難していたそうだけど、たしかに茨城ってそういう感じのところがあるなと思います。

 雰囲気に混じって非難合戦に参加しようかなとも思うけど、やはり外からきた感覚だと見苦しい。

 藤田東湖は水戸藩をまとめた数少ない人だけど、彼は酒を呑んだりしながら傾聴する。

 勤王を説いて幕府への非難はするが、各セクトへの批判はしない。

 弘道館を作り、教育によって藩をまとめようとした。

 でも結局、彼が生き続けても水戸藩の内部抗争はおさえきれなかったと思いますよ。

 儒教を国教に採用すると、どうしても党争がおこる。

 どちらの方が「理」があるかと議論をしだし、とりとめがない。

 だからどの藩も仏教を重視するわけですよ、水戸藩は佐竹氏と結びつきの強い寺社勢力に対抗するためか、藩としては儒教を国教とした。

 だけど茨城県に実際に来ると、親鸞聖人の旧跡を中心に意外に仏教が強い。

 そしてその旧跡近くに笠間や益子などの陶芸の里がある。

 逆に尊王なのに神社なんか荒れ果てたところが多く、不思議に感じています。

 旧来の村落共同体が崩壊し、新しく宅地開発された人たちがいるものの、特別旧来の村落共同体と一体化することなく、管理する人のいなくなった神社が荒れるということのようです。

 旧来の村落共同体の人たちは新住民をよそ者として見るので、だんだん高齢化し崩壊していくというわけです。

 春も秋も祭りが一切ない、それに代わるイベントもない。

 新型コロナのせいかもしれませんが、不思議に感じています。

【PR】1.持続可能な開発(SD) / 戸締り用心火の用心
2.Liberty Bell〜自由を宣言する、全土と全民に〜
3.スマートものづくり / 能開・生産性セミナー募集中!

0
タグ: 日記 文芸 美学


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




AutoPage最新お知らせ