X平成17年 愛・地球博(自然の叡智)の年にAOLで「趣味のブログ」をはじめました。teacupが復活しますように。X
X(挑戦!)新丸山ダム木曽川導水路完成を。 / 中京の愛知・岐阜に国家機関移転を。 / 『ものつくりイノベーション』を。X
X喜望峰の国で日本の「走るサッカー」は開花した。(日本はアフリカ開発会議(TICAD)主催国) / 領土譲らず日露友好X
X『1959.3.10ラサ蜂起』等の『人権犠牲者』を悼みます。 / 西域シルクロード東西文化の融合寛容大東文化復活!X
X支那(キタイ)北京(カンバリク)五輪と08憲章 / 10月10日の「体育の日」復活を! / (2025年)大阪●関西万博。X
X東京・三多摩横田飛行場鉄道物流を結びつけよう。 / 国際ハブ港をめざす横浜港の新しい南本牧ふ頭にメガシップ寄港を。X
X(風車のOPEN YOKOHAMA)「横浜開港の精神」を継承し、「愛市の鐘」の「地球都市横浜」を作ろう。X
X日本海(Sea of Japan)側の新潟県 越後妻有では、3年ごとに大地の芸術祭が実施されます。X
X「極限環境」の岐阜県 東濃研究学園都市の隣、花フェスタ記念公園(可児郡)近くに御嶽宿があります。X
X勤労青少年の日は毎年7月第3土曜日です。(令和3年標語)「やりがいを 見つけた君に エールの輪」X
X(人間開発は礎)『ヒューマンセキュリティー』による、セーフティネット(安全網)を維持しましょう。X
X雇用支援機構アビリティ、能力開発セミナー生産性向上支援訓練求職者支援訓練を実施中です。X
X(早く65歳定年制を)「雇用の正規化」は国民生活を安定させ、多くの社会問題を解決へと導きます。X

2021/9/19  6:55

「目撃!にっぽん ボクサー兄弟 〜二人で起こした番狂わせ〜」を見た  心氣体(sports)
 東京オリンピックでフライ級銅メダリストとなった田中亮明と、スーパーフライ級世界チャンピオンの田中恒成の兄弟の話だった。

 バンタム級の井上尚弥、スーパーフライ級の井岡一翔と並び、田中恒成は日本が誇る世界チャンピオンの一人です。

 ここでも首都圏、中京、関西のバランスが取れていますね。

 別に昨日のスポーツ番組の告知を聞いて朝起きたわけではないが、ふと思い立ってテレビをつけたらちょうどはじまったので、そのまま見ていた。

 30分ながら見事なドキュメンタリーだった。

 二人の母校で兄が教師を務める中京高校は、軟式野球などが強くスポーツで有名な高校です。

 大東文化大学出身のマラソンランナーの実井謙二郎さんも、多治見出身の中京高校OBです。

 弱いように描かれていた兄も、国体で4連覇していて弱いわけではない。

 しっかり者の長男という感じです。

 弟の圧倒的な攻撃力を見れば、距離を取るアウトボクシングとなるのは当然のこと、悪いわけではないが世界では勝てない、思い切って畑中清詞さんの畑中ジムで弟とともに練習をし、銅メダルを獲得した。

 兄の愛妻も出ていて、仲睦まじく微笑ましかった。

 私が土岐に住んでいた時に、突然隣の多治見出身の世界チャンピオンが誕生してびっくりしたが、見ているとテレビの前とはいえ大変な好青年で、部屋にも無駄なものは一切なくハングリーに感じた。

 井岡一翔にプロ後初の敗戦を喫したとはいえ、まだ引退する年齢ではない、まだこれれかだと思うし、応援したくなるような番組だった。

 遠い存在だった田中兄弟が一気に近くにくるような番組だった。

 土岐市に住んでいて、どこかですれ違い私が赴任した時には大学生と高校生だった兄弟が世界チャンピオンとなり銅メダリストになる。

 2012年のぎふ清流国体では、ライトフライ級で兄が、フライ級で弟が二連覇し、最強田中兄弟と言われたそうだ。

 あまり記憶はないが、高校時代から有名な兄弟だったようだ。

 遠い存在が一気に近くにきた。

 古代オリンピックから続くボクシング、日本は多くの世界チャンピオンを出すのに、アマチュアでは勝てなかった。

 アメリカのようにオリンピックでメダリストになりプロに転向するのではなく、国体やインターハイで勝ってプロに行くことが多いので仕方がない。

 古代オリンピックから続く伝統競技で、メダリストが出たことはうれしいし快挙だ。

 自分が住んでいたところなので、倍うれしいし「これからも頑張ってください」と思えました。

 遠い存在が近くになって本当にうれしかったです。

【PR】1.持続可能な開発(SD) / 戸締り用心火の用心
2.Liberty Bell〜自由を宣言する、全土と全民に〜
3.聖火はつながった / 能開・生産性セミナー募集中!

0


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




AutoPage最新お知らせ