X平成17年 愛・地球博(自然の叡智)の年にAOLで「趣味のブログ」をはじめました。AutoPageが進歩しますように。X
X(挑む!)新丸山ダム木曽川導水路完成を。 / 中京の愛知・岐阜に国家機関移転を。 / 『ものつくりイノベーション』を。X
X喜望峰の国で日本の「走るサッカー」は開花した。(日本はアフリカ開発会議(TICAD)主催国) / 領土譲らず日露友好X
X『1959.3.10ラサ蜂起』等の『人権犠牲者』を悼みます。 / 西域シルクロード東西文化の融合寛容大東文化復活!X
X支那(キタイ)北京(カンバリク)五輪と08憲章 / 復興オリンピズムTOKYO●202X! / (2025年)大阪●関西万博。X
X東京・三多摩横田飛行場鉄道物流を結びつけよう。 / 国際ハブ港をめざす横浜港の新しい南本牧ふ頭にメガシップ寄港を。X
X(風車のOPEN YOKOHAMA)「横浜開港の精神」を継承し、「愛市の鐘」の「地球都市横浜」を作ろう。X
X日本海(Sea of Japan)側の新潟県 越後妻有では、3年ごとに大地の芸術祭が実施されます。X
X「極限環境」の岐阜県 東濃研究学園都市の隣、花フェスタ記念公園(可児郡)近くに御嶽宿があります。X
X勤労青少年の日は毎年7月第3土曜日です。(令和2年標語)「君らしく 君の歩幅で 一歩ずつ」X
X(人間開発は礎)『ヒューマンセキュリティー』による、セーフティネット(安全網)を維持しましょう。X
X雇用支援機構アビリティ、能力開発セミナー生産性向上支援訓練求職者支援訓練を実施中です。X
X(65歳定年制導入を!)「雇用の正規化」は国民生活を安定させ、多くの社会問題を解決へと導きます。X

2020/2/23  10:41

私は美濃国を去ることになりました  日記(I love one day)
 せっかく大河ドラマ「麒麟がくる」がはじまり、2018年の朝ドラマの「半分、青い」に続き、今年は大いに岐阜や地元土岐が盛り上がるであろう、そして今年は国際陶磁器フェスティバル(美濃コンペ)の年、最高の年になるのではないか?と期待していたところで、本部からの転勤の内示、希望していたとはいえ寂しい気持ちがあります。

 でも数年前に土岐アクアシルヴァがいっぱいになった時に、私がここでやるべきことは終わったと感じていました。
 またたとえばこちらで家族ができ、こちらに終の棲家をかまえているのならともかく、私は首都圏に終の棲家が一応あります。

 だから、ここにいつまでもいるわけにはいきません。

 昨年、長年コンビを組み続けた方が定年となった。

 一緒に仕事をした人も、アルバイトさんを別とすれば今職場にいる一人と、今休んでいる人の一人となりました。

 長年いた方が定年となり、その人からではないけど、引継ぎのために1年はいて欲しいというのがあったのですけど、今年度は1人で引き継ぎ不十分な状態で去るのは無念です。

 でももう周辺も、「そんなことのためにあと1年遅らせることはない」という意見が多く、「活動限界」ということなのだろうなと思います。

 今年度は事務をしていることが多く、私が外回りをあまりしない状況に、今年から来た人は違和感を感じないのですけど、ずっといる人はかなり違和感があるようです。

 まだ今年度はこれまでの外回りの蓄積で何とか持ちこたえましたが、目標値は大きく割り込みました。

 外回りの蓄積が消滅していく来年度は?
 
 でも今から何かすることはできません。

 人員不足の状態に変わりはなく、私に何ができるというのでしょう?

 仕事の負担を軽くするアイデアはありますが、こちらが負担を背負わなければ誰かに負担がいくだけで、ひずみが余計にたまるだけです。

 私は不安があるのです。

 私は中学校、高校でそれなりに部活で活躍しましたが、その時は県代表クラスであっても、今は影も形もありません。

 そして社会人になってそういうこともなくなり、幸福な気持ちでいたら行革という妖怪がやってきて、より規模を大きくして似たことがおこってしまった。

 私がきちんと引き継ぐべきことを引き継がないせいではないか?と思い。

 職業大では1年間粘りました。

 そのせいとも思えませんけど。

 職業大は元気を取り戻しつつあります。

 自分がいなくなった後におこったことは、それは後継者の責任であって私の責任ではない、以前ある人にそう言われました。

 私のしごと館の場合は、後継者がきちんと説明できず追及が私にきた。

 きつかったけど、ブログを使うことを思いつき追及を逃れた。

 このブログがなければどうなっていたか、そう思うとゾッとします。

 ブログやネット活動をしていることで損をしていることも多いと思うが、あの時のことがあるので、やめるのが怖いのですよ。

 変な罪を着せられて、厳しい取り調べを受けたり、冤罪とかはごめんですから。

 あの時、行革で叩かれかかった東京都の区役所などが、労組の人などを中心に、テレビに出ている行革の評論家と戦った。

 真似されたような気がしたが、見事勝利を続けていたし、あちらは労組を中心に勤務先が全面的に支援しているようだった。

 私の孤独な戦い方とは違う、何かとてもうらやましかった。

 飛騨もよいところがたくさんあったし、いろいろ想いは尽きないところがあります。

 あ、今度いくところは常陸国(茨城県)です。

 よほどのことがなければ常総市の水海道に行くことになるでしょう。

 だいぶ疲れてしまっているので、最初はそんなに役立たないと思います。

 それに8年も住んでいるので、いろいろモノがたまって引越しが大変です。

 まだ引越しの見積もりが頼める状況ではありません。

 でも思いきらないとなと思います。

(国際陶磁器フェスティバル’20)
https://www.icfmino.com/

【PR】1.持続可能な開発(SD) / 戸締り用心火の用心
2.自由の鐘〜自由を宣言する、全土と全民に〜
3.生産性革命 / 能開・生産性セミナー相談受付中!

0
タグ: 日記 記録 記憶


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




AutoPage最新お知らせ