X平成17年 愛・地球博(自然の叡智)の年にAOLで「趣味のブログ」をはじめました。AutoPageが進歩しますように。X
X(挑む!)新丸山ダム木曽川導水路完成を。 / 中京の愛知・岐阜に国家機関移転を。 / 『ものつくりイノベーション』を。X
X喜望峰の国で日本の「走るサッカー」は開花した。(日本はアフリカ開発会議(TICAD)主催国) / 祝ロシアW杯ベスト16X
X『1959.3.10ラサ蜂起』等の『人権犠牲者』を悼みます。 / 西域シルクロード東西文化の融合寛容大東文化復活!X
X支那(キタイ)北京(カンバリク)五輪と08憲章 / 復興オリンピズムTOKYO●2020! / (2025年)大阪・関西万博。X
X東京・三多摩横田飛行場鉄道物流を結びつけよう。 / 国際ハブ港をめざす横浜港の新しい南本牧ふ頭にメガシップ寄港を。X
X(風車のOPEN YOKOHAMA)「横浜開港の精神」を継承し、「愛市の鐘」の「地球都市横浜」を作ろう。X
X日本海(Sea of Japan)側の新潟県 越後妻有では、3年ごとに大地の芸術祭が実施されます。X
X「極限環境」の岐阜県 東濃研究学園都市の隣、花フェスタ記念公園(可児郡)近くに御嶽宿があります。X
X勤労青少年の日は毎年7月第3土曜日です。(平成31年標語)「若い芽を 育て咲かせる 社会の輪」X
X(人間開発は礎)『ヒューマンセキュリティー』によるセーフティーネット(安全網)を維持しましょう。X
X雇用支援機構アビリティ、能力開発セミナー生産性向上支援訓練求職者支援訓練を実施中です。X
X(65歳定年制導入を!)「雇用の正規化」は国民生活を安定させ、多くの社会問題を解決へと導きます。X

2018/12/19  19:32

柔道五輪金メダリスト猪熊功はなぜ自刃したのか(アドレナライズ出版 井上斌、神山典士著)  読書人(4.23は本の日)
 2020年の東京五輪が近づいてきているが、これは自決した東京五輪柔道金メダリスト、猪熊功の最期を記した本である。
 2018年2月26日読了となっているので、226事件の頃にあわせて読んだらしい。
 空前の寒さが続いていた冬だった。

 猪熊功は東京五輪の柔道で金メダルを獲得し、引退後は東海大学の松前重義に誘われ柔道部強化に力を入れ、東海大学の柔道部を日本一にするのに貢献する。
 その後は東海大学の関連会社の東海建設株式会社に入社し、実業の道を歩むがバブル崩壊で経営破綻、社長室で親友の合気道家の井上斌(いのうけたけし)の立ち会いで日本刀で自決した。

 もちろん日本の国民的英雄であるので、自決しなければ柔道の指導者として新しい道があったと思う。

 しかし彼は経営する会社の倒産と、銀行融資の保証人になっていることからくる自己破産に耐えきれなかった。

 最期まで経営支援を渋った東海大学への抗議もあり、自決の道を選んだ。

 松前重義を親父と慕った人として、別の人に仕えることなど考えられなかったのだ。

 彼は最期に武人としての誇りを守るため、自決への道を選んだのかもしれない。

 不名誉な生より名誉ある死を選んだのだ。

 自決の描写があまりにも生々しく、読みながら目を背けるようなところもあった。

 しかし猪熊功の精神力、無念の気持ちは深く伝わってきた。

 バブル時に猪熊功の判断で拡大路線を歩み、自ら保証人となり銀行から融資を引き出していた。

 松前重義とは阿吽の呼吸であったが、東海大学はもはや東海建設株式会社を関連会社と見なさず、猪熊功の私企業と見て支援しなかったのである。

 猪熊功としては東海大学のためにいろいろ無理して貢献してきた。

 土壇場の苦しい時に助けないというのは、裏切りに他ならず、武士のやることではないと考えた。

 超人的な体力を持つ彼は普通の自死では死にきれないと考え、立会人を選んだうえで日本刀での自決を選んだ。

 武士道を守ろうとしない者たちに、武士の死に方を見せたかったのかもしれない。

 ただ英雄の死としては、あまりにも無惨なように思えた。

 しかし猪熊功もまた、バブルで崩れ去ったモラルを前に、武士の死を見せ革命をおこしたのである。 

【PR】1.持続可能な開発 / 戸締り用心火の用心
2.自由の鐘〜自由を宣言する、全土と全民に〜
3.能開・生産性セミナー募集中! / 復興日本!

0
タグ: 好文 読書 修養


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




AutoPage最新お知らせ