X平成17年 愛・地球博(自然の叡智)の年にAOLで「趣味のブログ」をはじめました。AutoPageが進歩しますように。X
X(挑む!)新丸山ダム木曽川導水路完成を。 / 中京の愛知・岐阜に国家機関移転を。 / 『ものつくりイノベーション』を。X
X喜望峰の国で日本の「走るサッカー」は開花した。(日本はアフリカ開発会議(TICAD)主催国) / 領土譲らず日露友好X
X『1959.3.10ラサ蜂起』等の『人権犠牲者』を悼みます。 / 西域シルクロード東西文化の融合寛容大東文化復活!X
X支那(キタイ)北京(カンバリク)五輪と08憲章 / 復興オリンピズムTOKYO●SAPPORO! / (2025年)大阪・関西万博。X
X東京・三多摩横田飛行場鉄道物流を結びつけよう。 / 国際ハブ港をめざす横浜港の新しい南本牧ふ頭にメガシップ寄港を。X
X(風車のOPEN YOKOHAMA)「横浜開港の精神」を継承し、「愛市の鐘」の「地球都市横浜」を作ろう。X
X日本海(Sea of Japan)側の新潟県 越後妻有では、3年ごとに大地の芸術祭が実施されます。X
X「極限環境」の岐阜県 東濃研究学園都市の隣、花フェスタ記念公園(可児郡)近くに御嶽宿があります。X
X勤労青少年の日は毎年7月第3土曜日です。(平成31年標語)「若い芽を 育て咲かせる 社会の輪」X
X(人間開発は礎)『ヒューマンセキュリティー』によるセーフティーネット(安全網)を維持しましょう。X
X雇用支援機構アビリティ、能力開発セミナー生産性向上支援訓練求職者支援訓練を実施中です。X
X(65歳定年制導入を!)「雇用の正規化」は国民生活を安定させ、多くの社会問題を解決へと導きます。X

2014/4/28  7:00

肘を意識して腕を振る  心氣体(fitness)
 マラソンの名ランナーだった宇佐美彰朗さんの本で、宇佐美さんは大学時代はすり足のような足の動きでピッチ走法だったのですが、現役を続ける中でフォーム改造に取り組み、「肘を意識して腕を振り、少し前傾姿勢でストライド走法に近い走り方で走る」というフォームに変更したそうです。
 スポーツウォーキングでも通用すると思い、昨年から取り組んでいたのですがいくつか課題を感じていました。
 まずウォーキングの場合は前傾姿勢はありえないということです。
 そしてもう一つは腕の大振りでした。
 足は腕のピッチと連動しています。
 つまり大振りするとピッチが下がりよくないのです。
 力が抜けてリラックスできて、フォームがよくなる感じでした。
 ところがノルディックウォーキングの腕の動きを参考に、ポールを持つような腕の動きに変えたら一気に改善しました。そして「肘を意識して腕を振る」ことができるようになってきました。
 あとですが、競歩の場合「親指を立てる」というのがあります。
 これですが・・・基本はポールを持つような形なのですが、やっているうちに少し立ってきました。それは自然に立った感じです。
 これどうもあくまで自然に立つのがよい気がします。
 以前意識して親指を立てたら、上半身のバランスが悪くなりタイムが逆に急降下しました。
 普通のウォーキングよりも悪くなったのです。
 やはりポールを持つような感じで腕を振り歩くのが一番よいと感じます。
 ノルディックスキーにも似ていてリズム感もよくなります。
 そして馴れてくると肘を意識して腕を振ることができるようになります。

 昔からウォーキングはしていました。
 しかし競歩には岐阜に来てから取り組みました。
 ポールを持つような腕の動きをノルディックスキーから学び、ひじょうに楽しく歩きだせています。
 上半身の状態がよくなりひじょうに気持ちいいのです。
 私は競歩というレベルには達せず、あくまでスポーツウォーキングというところですが、ウォーキングしていても激太りが止まらなかった頃と比べ、希望を感じはじめています。
 別に国体とかに出ようよかいうわけではなく、いずれ東松山のスリーデーマーチに一回出てみたいと思う程度です。
 あくまで健康を取り戻すためなので、自由にやってみたいと思います。
 横から見るとペンギンみたいなんですけど・・・
 ただ・・・昔なじみの人にあっても私だとわかるそうです。
 しかし昔の華奢だったイメージがあまりに強烈なので、少しは元に戻って3千メートル級の山とかにも登れるように戻ってほしいとは言われます。
 私も内蔵病でそうなったので、好きでなったわけではないのですが。
 「かつての江夏豊さんのような状態」と説明しています。
 あの人も病気治療の薬剤が原因で太ってしまったそうですから。
 もちろんアスリートとしてのレベルは段違いですが、たぶんそれに近いと思います。
 でも何とかして「克服」したいと思います。

【PR】1.ものつくりと持続可能な開発
2.自由の鐘〜自由を宣言する、全土と全民に〜
3.復興前進!がんばっぺ日本!

0


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




AutoPage最新お知らせ