X平成17年 愛・地球博(自然の叡智)の年にAOLで「趣味のブログ」をはじめました。teacupが復活しますように。X
X(挑戦!)新丸山ダム木曽川導水路完成を。 / 魅力あるスマートものづくり筑波 / 『ものづくりイノベーション』を。X
X喜望峰の国で日本の「走るサッカー」は開花した。(日本はアフリカ開発会議(TICAD)主催国) / 領土譲らず日露友好X
X『1959.3.10ラサ蜂起』等の『人権犠牲者』を悼みます。 / 西域シルクロード東西文化の融合寛容大東文化復活!X
X支那(キタイ)北京(カンバリク)五輪と08憲章 / 10月10日は「五輪の日」です。 / (2025年)大阪●関西万博。X
X東京・三多摩横田飛行場鉄道物流を結びつけよう。 / 国際ハブ港をめざす横浜港の新しい南本牧ふ頭にメガシップ寄港を。X
X(風車のOPEN YOKOHAMA)「横浜開港の精神」を継承し、「愛市の鐘」の「地球都市横浜」を作ろう。X
X日本海(Sea of Japan)側の新潟県 越後妻有では、3年ごとに大地の芸術祭が実施されます。X
X「極限環境」の岐阜県 東濃研究学園都市の隣、可児のローズガーデン近くに御嶽宿があります。X
X勤労青少年の日は毎年7月第3土曜日です。(令和3年標語)「やりがいを 見つけた君に エールの輪」X
X(人間開発は礎)『ヒューマンセキュリティー』による、セーフティネット(安全網)を維持しましょう。X
X雇用支援機構アビリティ、能力開発セミナー生産性向上支援訓練求職者支援訓練を実施中です。X
X(早く65歳定年制を)「雇用の正規化」は国民生活を安定させ、多くの社会問題を解決へと導きます。X

2013/12/30  10:07

同性愛者の人権ね・・・  日記(I love one day)
(少し修正…再投稿)
 観念としてはわかるが、やはり気持ち悪い。
 女性の同性愛についてはよくわからないので、別によいとも悪いとは思えない、ただレズビアンの女性に狙われて本人にその趣味がなければ悲劇だと思う。
 ドラマ「高校教師」でちょっとふれられていましたね。

 私はこんな醜い中年になって言うのもあれだけど…。
 私は性犯罪被害者なんです。
 小学生の時、同性愛者…もしくは少年愛者に二度にわたって襲われました。
 ただ・・・二回ともかろうじて逃げ切っています。
 だけど・・・二回目は恐怖にかられて一緒に帰ってくれていた友人たちを見捨てて逃げてしまった。ただ相手の目当ては私だから私が逃げればあきらめると思ったのも本当です。…一回目に相手を動けないようにして逃げているので、もっと手荒な方法で…たとえば首絞められたり殴られたりするのではないか?その方が恐かった。しかし一生の不覚でした…今でも自分の卑怯な振る舞いに腹がたちます。
 一回目はかなり服を脱がされてしまい、のしかかられそうになって重くて観念しかけた時、相手の体が一瞬離れ暗闇で相手の腹か胸が見えました。
 私は渾身の力で相手に体をぶつけて押しのけ、驚く相手を必死に威嚇し懸命に服をなおしながら逃げました。
 犯罪者は追ってきませんでした。
 普通は子供が歩かない夜中でした。
 私が襲われたところはそのせいかどうかわかりませんが、後日街灯が設置されました。

 余談ですが、青年になってから私が襲われたところで夕暮れ時少女が不審な若い白人男性に声をかけられていました。
 その少女と男性は知り合いに見えず、危険を感じ思い切ってその白人に話しかけました。
 モデルになってほしいとかいろいろ言っているのですが、スケッチブックもカメラも持っておらず、小さな巾着ぐらいの大きさのショルダーバックを持っているだけ、不審そのものでした。
 少女は白人に話しかけられて「ポー」としている感じでしたが、途中で我に返って帰りました。私が目配せしたせいもあるのですが。
 その白人後日いきなり道を歩いている私に話しかけてきました。
 世界のあちこちを旅行し、そこで写真を撮ったりしているとか言っていましたが…やはり巾着ぐらいのショルダーバックだけで何も持っていません。
 正直何が目当てで日本人居住地区に入ってきて、夕方のあんな薄暗いところで少女に声をかけていたのか…やはり謎です。
 少女に「知ってる人?」って聞いたら「知らない人です!」と言っていましたが、知らない子でどこの子なのかわかりません。
 ひょっとすると今でも、「おもしろい体験ができそうだったのに変な男の人に邪魔された」と思っているのかもしれません。

 私を襲った性犯罪者ですか・・・その後不審者徘徊の噂が消えませんでした。
 警察には言わなかったので逮捕はされませんが、やはり精神異常者ですので精神病院に強制入院になったと思います。
 私は懸命に道順をいつも変えて逃げていました。
 友人たちは…あまりの恐怖に二度と私と一緒には帰りませんでした。
 「まさかあんなのだったとは…」と恐怖で顔がひきつっていました。
 狙いは私なので私が逃げればと思い逃げたのですが…私も当時は必死に一生懸命詫びましたよ。
 卑怯だった…本当に申し訳ありませんでした。 

 今でも一回目に相手を押しのけた時の、あの肉の気持ち悪い感覚が消えません。
 それと未遂だったものの、やはり「自分の体は汚されている」という想いも消えません。
 男の同性愛や少年愛が気持ち悪いという感覚はもちろん消えません。
 当時は稲垣足穂とかはやっていたそうですが…。
 あるいはその影響を受けた異常性欲者だったのでしょうか?
 ちょっとしたおふざけとか、そういうことならよい。別に悪くはない。
 しかしあんな強姦のようなことをされそうになれば、逃げても気持ち悪さは消えません。
 私は昔から力がそれなりに強かった。
 だから大人も驚く力で相手を押しのけることができた。
 しかしもし逃げられなかったら、相手に何をされたか…異常性欲を満足させるためにいったい何をしようとしていたか…たぶんただではすまなかったでしょう。運が悪ければ殺されてしまったかもしれません。
 理屈としてはわかるんです。「同性愛者の人権」というのも。
 同性愛者と異常性欲者とは違うことも、理屈としてはわかります。
 しかしその経験があり今でも、男の同性愛者とか少年愛者は…正直言って「死ねばいい」と思う。
 私は結婚しないのでたまに同性愛者と勘違いされることがあるのですが、虫酸が走るとだけ書いておきましょう。
 女性的な風貌だったせいなので狙われたとすれば、今は醜くなっているので正直ほっとしています。
 夜普通に歩いていて女性が走って逃げるとショックなのですけど。
 ギリシア神話のヘパイストスのように、醜いけど心の綺麗な人間になってみたいです。
 もう醜い中年なので、ちょっと書いてみて心の重荷をとりたくなりました。
 書いていても気持ち悪いが、何かの参考になればよいと思う。

【PR】1.ものつくりと持続可能な開発
2.自由の鐘〜自由を宣言する、全土と全民に〜
3.復興前進!がんばっぺ日本!

1
タグ: 人権 同性愛 性犯罪


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




AutoPage最新お知らせ